大河ドラマ真田丸 第46話『砲弾』放送後の感想まとめ

真田丸感想第46話「砲弾」

11月20日放送の真田丸 第46話『砲弾』放送後の感想まとめ記事です。

ネタバレ注意!

ネットの反応

真田信之

出浦昌相

スポンサーリンク

徳川家康

豊臣秀頼

淀殿(茶々)

真田信尹

スポンサーリンク

織田有楽斎

塙団右衛門

夜討ち

真田信繁(幸村)

きり

砲弾

脚本全般

ネタ

あわせて読みたい

第1話「船出」~第12話「人質」を収録したDVDが発売中です。

vol.2は第13話「決戦」~第24話「滅亡」を収録。
vol.3は第25話「別離」~第35話「犬伏」を収録。
メイキング映像やブックレット等の特典が盛りだくさん!
加えてAmazon限定として六文銭が描かれた扇子が付属します。

真田丸ファンなら要チェックの特典をお見逃しなく!

DVD

 
vol.3 12月21日発売予定!予約受付中です!

Blu-ray

コメント

  1. 匿名 より:

    ドラマでは南から撃ってたけど
    本当は北の備前島から撃ったんじゃなかったっけ
    本丸近いから

  2. ちいちゃな欲求 より:

    大蔵卿局「あの者達は戦いたくって仕方がない…」
    まさにその通り。では戦いを終わらせる為に全員ご自害して下さい…
    召集した牢人を「意のままに動かせない」時点で思惑から外れてます。

  3. よい話 より:

    「幸村に裏切られた秀頼公は精神的に成長してよいお殿様になって大坂を勝利に導くのでした」
    って言う展開は来ないんだよなあ…泣
    そうすると現代劇の方がファンタジーな気がする妙。

タイトルとURLをコピーしました