真田丸 終盤に登場した萌えキャラ長宗我部盛親にネットが騒然!

大河ドラマ真田丸の第42話「味方」で新たな萌えキャラが登場し、ネットが騒然としています。

そのキャラとは長宗我部盛親。
戦は嫌いだと言ったり、花に水をやったり、コワモテのルックスとは相反したキャラクターに、多くの視聴者が衝撃を受けている様子。女性を中心に「カワイイ!」「ギャップ萌え」という声が聞かれました。

そんな長宗我部盛親を演じているのは阿南健治さん。
三谷幸喜作品には常連のベテラン俳優です。

スポンサーリンク

長宗我部盛親とは

長宗我部盛親

土佐の国主・長宗我部元親の四男。豊臣家に仕え、秀吉の北条攻めでは、父とともに長宗我部水軍を率いて勝利に貢献した。

関ヶ原の戦いでは西軍に与し敗北。領地を没収され、京で謹慎生活を送る。

徳川家と対立を深めた豊臣家に招かれると、土佐時代の旧臣を率いて大坂城に入る。大坂夏の陣における「八尾・若江の戦い」で敗戦。味方の軍が倒れると、再起を図って逃亡する。

阿南健治とは

阿南健治

出典:http://www.k-factory.net/

1962年生まれ、大分県出身。
劇団「東京サンシャインボーイズ」にて活躍。

主な出演作にドラマ「ごくせん」シリーズ、「人質の朗読会」、映画「ザ・マジックアワー」「清須会議」「ギャラクシー街道」「太陽の蓋」など。

NHKでは、連続テレビ小説「だんだん」「ジャングル・フィーバー」など。大河ドラマは「新選組!」など。

ネットの反応


スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメント

  1. 真田家臣 より:

    長宗我部盛親は32話の徳川の宴会で既に登場している。
    終盤じゃねえよ。しっかり見ろや。

タイトルとURLをコピーしました