みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第24話のあらすじとネタバレ!「さよならだけが人生か?」

      2017/11/10

おんな城主直虎あらすじ第24話「さよならだけが人生か?」

6月18日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第24話「さよならだけが人生か?」の詳細なあらすじです。

前回(第23話)はこちら。
おんな城主 直虎 第23話のあらすじ「盗賊は二度仏を盗む」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第24話「さよならだけが人生か?」あらすじ

龍雲丸(柳楽優弥)たちが井伊を去って数日。
直虎(柴咲コウ)はうわの空の日々を送っていた。

自由にどこへでも行けるのは、あの男が何にも頼らず生きているからだ。
直虎は、そんな男たちが羨ましかった。

やがて直虎は、井伊の百姓たちに自活をもたらす取り組みを始めた。
龍潭寺で読み書きや、薬草の知識を教えた。
護身術や銭の取り引きも教えて、百姓の子らの手習いも許すようになった。

井伊の百姓になれば、暮らしが変わる。そんな評判が少しずつ広がり、井伊にやってくる人も増えていった。
そんな仕組みを取り入れた領主・井伊直虎の名は、徐々に世間の耳目を集めるようになっていた。

永禄10(1567)年。諸国で大きな動きが相次いでいた。
今川が武田への塩の供給を禁じた「塩止め」である。
きっかけは、同盟を破棄した武田信玄への報復措置だったが、逆に信玄は駿河へ侵攻を始め、今川は追い詰められることになった。

この「塩止め」で多大な影響を受けたのが、駿府の商人たちである。
塩の売買を禁じられた結果、裏で武田家と通じて塩を扱う者も現れる始末だ。

この影響は、井伊家にも及ぶようになった。
直虎は、材木の商売を駿府から引き揚げ、気賀で行うことを決めた。

もう一つ、大きな問題が駿府から届いた。

政次(高橋一生)「実は、駿府より縁談が参りました」
祐椿尼(財前直見)の姪で新野家の三女・桜を、今川家の重臣・庵原家へ嫁がせるという話だ。

直虎「降って湧いたような話じゃが…」
政次「国衆の離反を防ぐための策にございます。縁談という名で、今一度、人質を集め直しているということにございます」

スポンサーリンク

庵原家というのは、今川義元(春風亭昇太)の軍師を務めた太原雪斎(佐野史郎)の生家でもある。

直虎「さような家に嫁がせれば、いざというとき全く動きがとれぬようになるのではないか」
政次「もしも渋るならば、徳政令を今一度発布せよと」
直虎「…蒸し返すのぉ」

直虎は新野の屋敷に出向いた。
長女のあやめ(光浦靖子)、次女の桔梗(吉倉あおい)、そして当の本人の桜(真凛)に縁談について話した。
今川家の筆頭格の重臣であって、藤原氏の流れもくんでいる家に嫁ぐという話に、桔梗は満面の笑みを浮かべている。
ところが、あやめと桜は困惑した表情を浮かべた。

桜「あの、さような立派なお家で、私などがやっていけるのでございましょうか」
直虎「新野とて、本家は今川の親戚ではないか」
桜「はい…」

妹を案じているあやめの暗い顔が気になる。
急な話なうえ、今川との婚儀で申し訳ない直虎は、奇策を思いついた。
直虎は龍潭寺に向かった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: