みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第48話のあらすじとネタバレ「信長、浜松来たいってよ」

      2017/11/27

おんな城主直虎あらすじ第48話「信長、浜松来たいってよ」

12月3日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎」
第48話「信長、浜松来たいってよ」の詳細なあらすじです。

前回(第47話)はこちら。
おんな城主 直虎 第47話のあらすじ「決戦は高天神」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

おんな城主直虎 第48話「信長、浜松来たいってよ」あらすじ

ついに、念願の駿河を得た…!
徳川家中が歓喜に沸き立ち、夜ごと宴に酔いしれていた。

そんな徳川家が、一瞬で凍りついた。

信長が、安土への帰途、浜松に立ち寄ることになった。織田家の使者が、そう伝えてきたのである。

「われらはいささかの粗相もなく、織田様をおもてなしせねばならぬということじゃ…」

一行が通る道を広げ、休みどころの陣屋を設け、宿舎となる神社を金銀で飾り付け、最上級の食事を用意しと、徳川家は大騒ぎとなった。

そして当日──。
家康をはじめ徳川家中は、城の大広間に平伏して信長を待った。殺気にも似た気配が室内に広がり、上座に置かれた腰掛けが小さく鳴った。

「こたびは駿河・遠江までわざわざお出ましいただき、まことに恐れ入ったる次第でございます」

酒肴しゅこうが次々に運ばれ、庭では相撲の好きな信長のために集めた男たちによる取り組みが続いた。しごく満足した様子で、徳川殿、と信長が声を発した。

信長「道中のもてなし実に見事であった。そなたの真心、信長いたく感じ入った。また、短き間にここまでの用意をするそなたを実に頼もしゅう思う」

家康「…もったいなきお言葉にございます」

数日後、織田家の使者が再び現れ、せんだってのもてなしに対し返礼したい、と伝えてきた。安土や堺などを見物していただく。ついては家康をはじめ、重臣の皆で来るように、というのが信長からの伝言だった。

スポンサーリンク

井伊谷では、小さな変事が起きていた。龍潭寺の井戸端に、小さな男児が1人座り込んでいたのだ。捨て子も迷子も珍しくはない。が、その子はひと言も発しないうえ、肌の色艶や作法から見て、間違いなく武家、それも相当な家の育ちであることが知れた。

何か事情があり、身分のある子なら、ひそかに見守る役がついているのではないか。

そんな直虎の勘が当たった。傑山に探らせ、行き着いたのは、予想もできない武将の存在だった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: