みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第47話のあらすじとネタバレ!「決戦は高天神」

      2017/11/26

おんな城主直虎あらすじ第47話「決戦は高天神」

11月26日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎」
第47話「決戦は高天神」の詳細なあらすじです。

前回(第46話)はこちら。
おんな城主 直虎 第46話のあらすじ「悪女について」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

おんな城主直虎 第47話「決戦は高天神」あらすじ

徳川信康、そして瀬名。
城主とその生母を謀殺された岡崎衆の悲嘆と動揺は大きく、殉死する者や城を去ろうとする者が相次いだ。仕置きをすべく岡崎城に入った家康は、憎しみと恨み渦巻く広間で、岡崎衆に向かって語り始めた。

「その方ら、わしに愛想も尽きたか。…まぁ、そうじゃろうの。わしもほとほと己に愛想が尽きた」

岡崎の面々に戸惑いが広がる。家康が続けた。

「信康は無実。瀬名も信康をかばうためみずから濡れ衣を着た。そして、わしはその2人を守りきれなんだ」

妻とわが子への哀惜、心苦しさを切々と述べ、静まり返る一同に、家康は絞り出すように言った。

「瀬名の願いは徳川が駿河を取ることであった。ゆえに、わしはなんとしても駿河を取りたい。…皆に力を貸してほしい。…貸してほしい」

家康が嗚咽を漏らした。岡崎衆の1人が叫んだ。
「やりましょう、やりましょう、殿!」

一同が次々に立ち、熱っぽい賛意を口々に述べた。控えの席にいる康政が、隣に座る万千代に聞いた。

康政「殿に腹を割ってお話しするよう勧めたはそなたか」

昔、直虎が、逃散した百姓たちを説得するのに自分には力がない。ゆえにそなたらの力を貸してほしい、そう訴えたことを万千代は小声で話した。

「百姓たちは、今なお先代の力強き見方にございます」

スポンサーリンク

遠江支配の要であり、数年前から武田方に占拠されている高天神城たかてんじんじょうに対し、家康は周囲にいくつもの砦を築き、兵糧攻めで落とす策を続けていた。降伏に追い込んだ後、武田の兵を丸ごと徳川家中に取り込もうというのが、家康のひそかな目的でもあった。

「織田に屈せずともよい力を持つため、徳川のこの先のためには、敵を叩き潰す力ではなく、『敵を味方とする力』を鍛えていくべきじゃ」

しかし武田勢もしぶとい。新しい付け城普請の命が出されると、必要な材木の算出をするため、六左衛門と直之が陣に呼ばれた。万千代が、ぐっと若武者らしくなっているのを見て、2人は顔をほころばせた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: