みんなの噂話

ドラマに関するあれこれ たまに世間の噂話

おんな城主直虎 第46話のあらすじとネタバレ!「悪女について」

      2017/11/17

おんな城主直虎あらすじ第46話「悪女について」

11月19日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎」
第46話「悪女について」の詳細なあらすじです。

前回(第45話)はこちら。
おんな城主 直虎 第45話のあらすじ「魔王のいけにえ」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

おんな城主直虎 第46話「悪女について」あらすじ

万千代と万福は、大浜城を訪れていた。
「信康様を堀江城へお移しする」
「し、しかし、こちらに入ったばかりで…」

慌てふためく見張りの兵に、さっと家康の書状を見せ、強い口調で万千代は言った。

「殿からのお指図にござる」

いずれ死罪とするなら監禁場所を移す必要はない。移送した先の堀江城で、万千代は信康に、これが家康の命による時稼ぎであることを明かした。

「お気付きかと存じますが、あなた様のお首を望んだは織田。殿は従ったふりをし、一方であなた様の助命をかなえるべく北条との密約を進めております」

北条は武田と同盟しているが、両家は今や手切れ寸前となっていた。その北条が徳川と結ぶとなれば、武田にとっては大きな痛手となる。

「それを手土産に、助命を願い出るお考えです」

スポンサーリンク

その後も家康は、信康を二俣城に移し、さらに時を稼いだ。織田の苛立ちが頂点に達しようとした頃、事件は起こった。瀬名が岡崎城から姿を消したのである。

武田との内通を示す、勝頼の花押が入った書状が文箱から見つかった。急報が届けられた浜松城の広間で、合議中だった家臣たちがささやき交わした。

「武田と通じておったのは、お方様ということか」
「お方様のお首を差し出せば、信康様は助かる…ということになりますかな」
「これほどの証があるなら」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:ドラマ - 大河ドラマ - おんな城主直虎
タグ: