おんな城主直虎 第45話のあらすじとネタバレ!「魔王のいけにえ」

おんな城主直虎あらすじ第45話「魔王のいけにえ」

11月12日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎」
第45話「魔王のいけにえ」の詳細なあらすじです。

前回(第44話)はこちら。
おんな城主 直虎 第44話のあらすじ「井伊谷のばら」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

おんな城主直虎 第45話「魔王のいけにえ」あらすじ

田中城攻めの陣中で起きた、家康殺害未遂事件の処罰は、苛烈を極めた。近藤武助は市中引き回しのうえ、八つ裂き。一族もことごとく死罪とされた。

これで幕引きかと思われたが、それは徳川家を襲う最大の悲劇の幕開けにすぎなかった。

天正7(1579)年4月。
家康の側室が男子を産み、長丸と名付けられた。のちの二代将軍・秀忠だが、この世の誰一人、今はそれを知る由もない。

「和子様がお生まれになったと、岡崎へ使いせよ」

康政に命じられ、万千代は信康のもとへ向かった。

歓喜に沸いていた浜松城とは正反対に、知らせを受けた岡崎城には冷気と緊張が広がった。

信康「母上…おかしな顔をなさっておいでですよ」
瀬名「そなたこそ、おかしなことを。そなたに弟、徳川としてこれほどめでたいことはございますまい」

家康の正室・瀬名は微笑していた。が、強い怒りを押し殺しているのは明らかだった。
 

浜松に戻り、万千代は問われるまま、岡崎で見聞きしたことを告げた。家康は嘆息を漏らして呟いた。

家康「弟が生まれただけなのじゃがのぅ」
康政「岡崎は今立場が弱うございますゆえ。弟君が生まれたというだけでも不安を覚えるのかもしれませぬな」

難しい顔で言う康政に、家康も眉を寄せて返した。

家康「何か岡崎が喜ぶことを考えたほうがよいかもしれぬの。…織田にも顔が立つであろう」

スポンサーリンク

直虎のもとに瀬名からの文が届いた。差出人の名を見た南渓は、顔をほころばせている。

直虎「信康様の側室を探しておられるそうで、井伊谷によいおなごはおらぬかと。年の頃のよい後家、もしくは男の生まれやすい家のおなごでと」

南渓「…信康様のご嫡男が欲しいということかの」

コメント

タイトルとURLをコピーしました