みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主 直虎 第14話のあらすじとネタバレ!「徳政令の行方」

      2017/11/10

おんな城主直虎あらすじ第14話「徳政令の行方」

4月9日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第14話「徳政令の行方」の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第14話「徳政令の行方」あらすじ

百姓たちは祝田の蜂前神社に相談を持ちかけ、禰宜を通じて今川家に徳政令を直訴したのだという。
その話を聞いた直虎(柴咲コウ)は、茫然となった。

しかし、方久(ムロツヨシ)は落ち着いている。
方久「徳政令が出されれば、瀬戸村と祝田村の民はどうなるでしょう」
直虎「望みどおりなのだから、喜ぼうな。井伊よりも今川をと望むかもしれぬ」
方久「となれば、両村は誰が治めることになります?」

直虎は気付いた。政次(高橋一生)だ!
方久「要するにこれは、民の訴えを隠れ蓑とした、小野様の乗っ取りなのでは」

方久の読みは見事に当たっていた。
政次は、村を治める新野家の娘や、虎松の母・しの(貫地谷しほり)を抱き込んでいたのだ。

政次は、虎松に対する直虎の後見は望んでいないという内容の、しのからの一筆を手に入れていた。
また、徳政令を井伊に命じる今川家の朱印状も手にしていたのだ。

政次の動きは早かった。
中野直之(矢本悠馬)奥山六左衛門(田中美央)の2人の重臣もすでに抱き込んでいた。

直之「瀬戸村と祝田村を返し、方久を家臣から除くこと。それがなされぬのならば、われらは直虎様をご領主とは認めぬ。これは奥山、新野、中野の総意でござる!」
直虎「では、誰が虎松の後見をするというのじゃ」
直之「但馬殿にやってもらう」
直虎「そなたら、気は確かか?」
直之「確かじゃ!但馬は領地を元通りにし、百姓どもの不満も収めてみせるという。どちらが頼りになるかは明らかじゃろう」

スポンサーリンク

そのとき、政次が到着した知らせが届いた。

政次は、今川からの下知だと言って、書状を差し出した。
政次「高利貸しに苦しんでいる民を助けるべく、井伊より徳政令を出すようにとのことにございます」

直虎は書状を受け取ると、緊張して目を通した。
すかさず政次が言った。
政次「つきましては、直虎様より速やかなるご発布を」

直虎は戸惑った表情を見せた。
しかし、この表情は芝居だった。
方久や南渓(小林薫)と相談したうえで、とある筋書きを描いたのだ。

直虎「発布したいのはやまやまじゃが、実は…」
困惑した顔で方久を見やった。
方久は弱りきった様子で口を開いた。

方久「やはり、いきなり私が所有するというのは風当たりが強いかと、瀬戸・祝田の土地を龍潭寺に寄進してしまったのでございます」

政次は驚き、鋭い表情になった。
直虎は、今川の『仮名目録』を取り出した。
「これによると、寺領に関しては『守護不入』とあったはず」

これでは、今川家といえど手が出せない。
政次は、直虎を強く見つめると、ゆっくり語った。

政次「今川のお沙汰を、はねつけるとおっしゃるのですか」
直虎「そうではない。奇しくも、発布ができかねる様子となってしまっておるというだけのことじゃ」
政次「…なるほど。では、駿府へはその事情を申し上げ、お返事といたしましょう」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: