おんな城主直虎 第47話のあらすじとネタバレ!「決戦は高天神」

[3/3ページ]

怒りを含んだ家臣一同の視線が家康に集まる。

家康「降伏は受け入れぬと、われらから申し上げる」

家康が言い、使者に向かって続けた。

家康「武田に、干上がるか討ち死にするか選ばれよと申し伝える。…織田様はそれでよろしいか」

使者がうなずき、陣を出ていった。大きなため息をつき、万千代に目を向けて、家康がぼそりと言った。

「そう、うまくはいかぬものじゃな…」

スポンサーリンク

降伏が許されない以上、武田方には戦うほかに道はない。一斉に討って出た城兵は徳川軍の迎え撃ちに遭い、全員が討ち死にした。これほど容易で、こうまで後味の悪い戦はなかった。

このあと、急速に勢いを失った武田方は敗走を続け、天正10(1582)年3月、甲斐に追い詰められた勝頼が自刃。武勇を誇った名門・武田家は滅亡した。
 

同じ3月、安土城を発った信長は、信濃の上諏訪で、武田征伐の論功行賞を行った。

「ではこれより武田遺領の仕置きを伝える。甲斐は河尻秀隆へ下さる。ただし穴山信君殿知行分は除くこととする。上野は滝川一益に下さる。信濃は森長可らへ」

河尻、滝川、森は織田家家臣。穴山は武田方から徳川に下った武将である。

このとき家康は、目覚ましい戦功を高く評価され、駿河一国を信長から与えられた。三河・遠江と合わせ、3か国を領する大名となったのである。

 

[次回] 第48話「信長、浜松来たいってよ」あらすじとネタバレ

あわせて読みたい

ノベライズ版

小和田哲男(時代考証)

 

サウンド・トラック

コメント

タイトルとURLをコピーしました