みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主 直虎 第19話のあらすじとネタバレ!「罪と罰」

      2017/11/10

おんな城主直虎あらすじ第19話「罪と罰」

5月14日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第19話「罪と罰」の詳細なあらすじです。

前回(第18話)はこちら。
第18話のあらすじ「あるいは裏切りという名の鶴」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第19話「罪と罰」あらすじ

冬を迎えたある日、事件が起きた。

目付の近藤康用(橋本じゅん)が直虎(柴咲コウ)に話を持ち込んだ。
近藤康用「井伊領内の者が我が領内に勝手に立ち入り、山の木を切り倒したとの訴えがござりました。つきましては、盗人をお引き渡しいただきたく存ずる」

近藤は、盗人の正体は井伊に新しくやって来た百姓たちだと決めつけていた。
直虎は彼らに信頼を寄せており、近藤と真っ向から対立した。

被害にあった現地を見に行こうという話になり、両家の者たちを引き連れて山に分け入った。
すると、近藤の所領だけではなく、隣接する井伊家の所領も木が切り倒されており、切り株だらけになっていたのだ。

直虎「井伊の側も同じような目に遭っておるではないか!」
近藤「慌てて細工したのではございませぬか。井伊の者ではないと見せかけるために昨夜急いで…」
直虎「一晩でかように木を切り倒すなど、仏の念力をもってもできぬわ!」

険悪な空気になりかけたが、六左衛門(田中美央)が間に入り、とにかく盗人を捕らえようと提案した。

スポンサーリンク

3日後、直虎や傑山たちは様子を確かめるために山に入った。
不穏な空気に直之(矢本悠馬)が気が付き、
「参るぞ、皆の者!」
と言って走り出す。
近藤の者たちも加わって、逃げ出す男たちを追った。

直之たちが木陰に潜む人影に襲いかかると、見事に男たちを捕らえた。
捕まった者の顔を見た直虎は茫然となった。
そこには、何度も出会った旅の男(柳楽優弥)の姿があったのだ。

直虎「そなた…」
龍雲丸「お、これは尼小僧様ではないか」

近藤が駆け寄ると、すぐに斬り捨てようとした。
直虎「お待ちくだされ! この男を捕らえたはこちら。処分は井伊にていたしたく存じます!」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: