みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主 直虎 第13話のあらすじとネタバレ!「城主はつらいよ」

      2017/11/10

おんな城主直虎あらすじ第13話「城主はつらいよ」

4月2日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第13話「城主はつらいよ」の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第13話「城主はつらいよ」あらすじ

「おなごに井伊を任すなど、和尚様お気は確かか!」
小野直之(矢本悠馬)の怒声が響いた。

直之「お家におられたならまだしも、10の頃より寺暮らしのおなご。政ができるとは思えませぬ!」

直虎(柴咲コウ)はむっとした表情になった。
それを見た南渓(小林薫)は、次郎を制するように言った。

南渓「駿府からは、但馬を後見にという話が出ておる。そのほうがよいとお考えか?」

直之は気まずそうな顔で政次(高橋一生)を見ると、押し黙った。
一方、政次の表情は変わらない。

南渓「但馬守はどうじゃ?」
政次「国を治めるのは生半可なことではございませぬ。どこまでの覚悟がおありか。そこがいささか」
直虎「われは、わが父や先代の遺志を継ぎ、井伊を守っていきたいと思うておる」

直虎は力強く言うと、政次を睨めつけた。
政次「ならば、それがしごときが何か申し上げる筋合いではございませぬ。家老として、誠心誠意、直虎様にお仕えいたしまする」
バカ丁寧な口調で言うと、深々と頭を下げた。

スポンサーリンク

直虎は、虎松の後見となった。
つまり井伊谷城の城主となったのだ。

意欲に燃える直虎だが、直之の言うとおり、政務に関しては心もとない。
直虎の心中を察した南渓が、一冊の書物を直虎に手渡した。
直虎「『仮名目録』とは?」
南渓「その昔、今川の先々々代の氏親殿が子に代を譲る際、無用の乱れが起こらぬようにと、国を治めるために作った掟でな。まぁ、読んでみるがよい」

直虎は本を開き、目次を追ってみた。
家臣の統制、財産相続、喧嘩の成敗、金や米の貸借など、細かい内容まで書かれている。

直虎が難しそうだと思ったのは、借米や借銭の項目だ。
次郎として20年近く過ごした寺は、檀家からの寄進で成り立っているからだ。
本腰を入れて読むことにした。

翌日、政次が大量の書類を持って居館を訪れた。
政次「安堵状、検地控え、証文類にございます。まずはお目通しいただいたほうがよろしいかと存じまして」

そういうと、政次と家人の者は大量の書類を置いていった。
これを全部読むのか…直虎はため息をついた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: