みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

ぺふぺふ病って何?清水富美加が出家前に打ち明けていた病気とは?

      2017/11/10

清水富美加

芸能界引退を突然発表し、幸福の科学への出家を決意した清水富美加さん。

そんな清水富美加さんは以前に「ぺふぺふ病」という病気にかかっていると発言していました。

ぺふぺふ病ってどんな病気?
気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


ぺふぺふ病とは?

清水富美加

2016年12月に発売されたフォトエッセイ「ふみかふみ」で、ぺふぺふ病のことについて触れていました。
その中で、以下のように語っています。

感情に起伏もなくて、これといった悩みもない。

仕事はやってるけど、たぎっている感じでもない。

やる気が感じられず、生きている感じがしない。

心の病ですね。
鬱病の症状によく似ています。

上記のエッセイの中で、
「ぺふぺふ病」という病名について語っている箇所もありました。

擬音にしたら
ぺふぺふしているような状況の
一種の病である。

ぺふぺふ病に関して、医学的な解説をした情報は見当たらなかったので、例の宗教団体が名付けた精神状態のことなのかな?とも思いました。

スポンサーリンク

ぺふぺふ病に対する清水富美加の思いとは?

その後もぺふぺふ病の症状は続いているようで、このような発言もしています。

イライラもせず、穏やかな気持でいられて
仕事はスムーズに進むが
面白みにかけて無難で終わってしまい、建設的ではない。

 
清水富美加さん自身は、この病気を自覚し、治したいと思っているようです。

治したい、治せない
この二つの間をうろうろするのだが

結局足りていないのは、
想像力と、努力だと思う。

前述のフォトエッセイ「ふみかふみ」では、清水富美加さんの直近の考え方や精神状態が垣間見えるので、気になった方は読んでみても損はないですよ。

では!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:芸能 - 芸能人
タグ: