みんなの噂話

ドラマに関するあれこれ たまに世間の噂話

錦戸亮「科捜研の男」の魅力とは?過去作での演技・役柄から今作の見どころに迫る

   

月9ドラマ トレース~科捜研の男~

2019年1月期のフジテレビ月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」が1月7日から始まりました。

タイトルを聞くと「パクリ?」と首をかしげそうですが、原作から見ると、なかなかシリアスな刑事ドラマ系のストーリーです。

「トレース 科捜研の男」キャスト・原作・脚本・あらすじなどドラマ情報まとめ

主演・錦戸亮の過去出演作や演技の評価から、彼の魅力を探るとともに、主役・真野礼二としてどのような役柄を演じるのか見ていきましょう!
 


錦戸亮のプロフィールと過去出演作

錦戸亮のプロフィール

氏名 錦戸 亮にしきど りょう
生年月日 1984年11月3日(34歳)
出身地 大阪府門真市
血液型 O型
身長 170cm
事務所 ジャニーズ事務所

錦戸亮といえば関ジャニ∞のメンバーでボーカリスト、ギタリストというのはもちろんですが、実は2003年から8年間はNEWSメンバーも兼任していたという多忙な状態だったんですね。

ミューズ兼任


 

そのような中、俳優としてのドラマ出演も多く、ジャニーズの中でも「演技派」といえますね。

錦戸亮のターニングポイントといえば2008年だと思われます。「ラスト・フレンズ」、「流星の絆」と出演ドラマが続けて当たったということで、一気にその後は主演作品が増えています。

錦戸亮の受賞歴

2004年 第7回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ・新人賞「てるてる家族」
2008年 第57回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞・助演男優賞「ラスト・フレンズ」
2008年 第12回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ・助演男優賞「ラスト・フレンズ」

 
「ラスト・フレンズ」で演じたDV男・及川宗佑役は良くも悪くも有名になりました。

長澤まさみ演じるヒロイン・藍田美知留に対し、暴力をふるう役柄に合わせて人気が下がったりもしましたが、一方自殺を決意する演技などに高評価が集まり、受賞に結びつきました。

 

錦戸亮の出演作品

これぞ!と思うドラマをいくつかご紹介しますね。

「流星の絆」(2008年、TBS)


 

主要メンバー3人兄弟の真ん中・有明泰輔を演じました。

生活のために演技力で詐欺を働きつつも、両親を殺害した犯人の顔を見た記憶力を糧に、犯人探しに邁進する役柄です。

主演・二宮和也演じるクールな長男・功一に対して、どちらかと言うとホットで、兄妹想いの様子がにじみ出る温かい弟を演じていました。

俳優並みの演技力でいろいろな役になりきり詐欺を働く、擬態の天才」という設定で、小心者の銀行員や知的な宝石の販売員などを本当にうまく演じ分けていましたね。

 

「サムライせんせい」(2015年、テレビ朝日)


 

武市半平太が現代に来た、という設定で、コミカルな先生役を演じました。

現代の物事になじめない動揺した様子の面白さと、武士由来の熱いポリシーや指導力とのギャップが魅力的で、いい熱量でドラマを引っ張っていってきましたね。

「深夜番組にしておくのは惜しい!」と感じたものです。

坂本竜馬役の神木隆之介とのコンビも大好評でしたね。

 

大河ドラマ「西郷どん」(2018年、NHK)


 

主人公西郷隆盛の弟・西郷従道(信吾)を好演しました。

はじめ配役を聞いたときには、イケメンすぎる風貌からも「役とはマッチしないのでは」と思ったのですが、後半に行くに従って味わいのあるとても魅力的な役を演じていました。

特に戦闘シーンで兄の隆盛と意見が合わなくなった時や、見聞を外国で広めて新政府を大久保利通とともに守っていこうと決心し兄の元を離れてからの態度は、苦悩の様子がはっきりわかり、演技に重厚感も出てきて、とても見ごたえがありました。

この従道役が素晴らしかったため、今回の「トレース~科捜研の男~」主演が決まったという、もっぱらの噂です!

錦戸亮出演大河ドラマ「西郷どん」視聴率一覧表&グラフ推移
2018年の大河ドラマ「西郷どん」の視聴率一覧とグラフ推移です。 最新の視聴率を速報します。 視聴率推移のグラフ 西郷どん 各回の視聴率一...

 

錦戸亮演じる「科捜研の男」真野礼二とその役柄とは

「トレース~科捜研の男~」の原作は、古賀慶のマンガ「トレース 科捜研法医研究員の追想」です。

主人公の真野礼二は、関西人らしい笑える役、どころか正反対の人物像です。原作から見て、感情の控えめな、クールで緻密な仕事ぶりの役柄ではないかと予想できます。

実は、真野礼二自身が、深い決意を秘めて科捜研で働いているというところがポイントです。

少年時代自分の家族を一気に殺人で亡くしたという過去をもっているからです。

自分なりに捜査した資料や、かつては不可能だったけれど科学の進歩によりできるようになったDNA解析などの技術から、過去の真犯人を探し出そうというのが、彼の真の目的です。

原作では、自分がかつて信じていたアニメヒーローのフィギュアを機内に胸ポケットに入れていて、お守りとも戒めとも取れるような扱いをしています。

有能ながら影があり、どこか仕事に執着しすぎて周囲を顧みない態度が危うく魅力的。そのような役柄が錦戸亮の手でどのように演じられるか、とても楽しみです!

 

錦戸亮のネットでの評判

最近は、演技力が高くなってきたと言うような評判を耳にすることが多い錦戸亮。

いくつかTwitterでの評判をご紹介しますね!

メンバー思いがステキ!


 

メンバーに対して思いやりがある、とても気遣っているという意見が多いです。

さすがNEWSを脱退して、関ジャニ∞に専念しただけあります。

 

演技が良くなっている!


 

演技力がどんどん成長しているという意見は多いです。見守っているファンたちとしては嬉しい話ですね。

以前からの伸びを指摘する意見あり、「西郷どん」での活躍から注目する人あり、といったところです。

 

泣きの演技がいい!


 

特に涙を見せる演技は特筆すべき、というコメントも多かったです。細部にまで演技が行き届いているんですね!

科捜研の男・礼二は涙を見せるのでしょうか…。

 

まとめ

最近ではアイドル活動だけでなく、主演俳優としての地位も盤石になりつつある錦戸亮。

「西郷どん」での西郷従道役からの追い風で挑む月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」です。

クールな研究員・礼二役が楽しみです!

 

錦戸亮主演ドラマ「トレース 科捜研の男」キャスト・原作・脚本・あらすじなどドラマ情報まとめ
2019年1月スタートの月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」。 錦戸亮主演の科捜研法医研究員が主人公のサスペンスドラマで、新木優子、船越英一郎が出演することで話題にな...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:芸能 - 芸能人 - ドラマ - 2019冬ドラマ
タグ: