みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

真田丸 ヤンキー加藤清正は威圧感No.1!新井浩文が語る役作りの秘密

      2017/11/10

新井浩文

出典:www.anore.co.jp

秀吉のためならと、
周りが見えなくなるような男

戦国武将の中でも屈指の人気を誇る加藤清正。真田丸では、ワイルドなヤンキーキャラで、信繁とは打ち解けない設定で描かれています。

演じる新井浩文さんがインタビューで語った役作りのポイントをご紹介します。

加藤清正とは?

秀吉の縁戚。幼少から秀吉に仕え、寧に育てられる。若いころの名前は虎之助。官職は主計頭(かずえのかみ)。『賤ヶ岳の戦い』で功をあげた七本槍の一人。秀吉の九州平定後、肥後半国を領する。朝鮮出兵では先鋒を務めるが、戦況は泥沼化。石田三成から、清正が明国との講和を妨害していると讒訴されて蟄居するが、のちに許される。

秀吉の没後、盟友・福島正則らと三成の暗殺を企てるが、失敗。しだいに家康との距離を縮めていく。『関ヶ原の戦い』では東軍に参加、九州の西軍勢力を次々と破る。

新井浩文が語る役作りの秘密

加藤清正は、秀吉のためなら人を殺すことができる男。
例えば、「馬廻衆の男が、茶々に色目を使っている疑いがある。茶々を気に入っている秀吉は、おもしろく思っていないようだ」、という理由で、あっさりと殺してしまう。人を殺すことの罪悪感よりも、秀吉への忠誠心のほうが上回っているんです。戦でたくさんの人を殺してきた清正にとっては、人を1人殺すくらい造作もないこと。いちいち逡巡したりしないんです。

その清正にとって当たり前なことを表現するために、監督と相談したうえで、時代劇特有の「たっぷり見せる芝居」をしないようにしています。サラッと演じることで、清正らしさが視聴者に伝わればと思っています。

スポンサーリンク

とはいえ、秀吉と家族同然に育った清正としては、これ以上出世してほしくないとおもっているようですね。「俺たちと一緒に野山を駆け回っていてこそ秀吉だ」というセリフもありましたし、清正は秀吉の自由奔放なところを慕っているんだと思います。そういう意味では、ドラマ序盤は真田家一族のつながりが描かれていましたが、大坂編では豊臣家を一つの家族として、それぞれの人間模様が丁寧に描写されていく気がしています。

加藤清正といえば、特に熊本ではとても愛されている人物ですから、地元の皆さんにどう思われるかというのが一つの勝負どころだと思っています。今は秀吉一筋で周りが見えなくなるような男が、この先、責任を背負っていくことにもなるようです。どんな台本が届いても、監督の意向に沿って演じていきたいですね。

ネットの反応


スポンサーリンク

あわせて読みたい

[関連記事]
小日向文世 真田丸 人たらしの秀吉はドス黒い殿下?小日向文世が語る役作り
[関連記事]
山本耕史 真田丸 目を合わせない不快キャラ?石田三成は実は熱い男!山本耕史が語る役作り
[関連記事]
真田丸 題字 大河ドラマ『真田丸』 関連記事まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: