みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

大河ドラマ 真田丸 第15話『秀吉』あらすじとネタバレ

      2017/11/10

sanadamaru-outlines_15

4月17日放送の真田丸 第15話『秀吉』の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

あらすじ

真田氏は徳川氏の大軍をみごと撃退した。だが、信繁は戦場で妻の梅を失う。上杉景勝に従って傷心のまま大坂を訪れた信繁は、多くの人たちと出会う。

大坂城の大広間に通された信繁の前に、突如現れた秀吉は、自分が秀吉だと名乗らぬまま屏風の裏側に信繁を連れこんだ。唖然とする信繁をよそに、福島正則に用意させた安手の着物に着替えた秀吉は、ようやく自分が秀吉だと認めると、景勝と会うのを先送りして信繁を連れだそうとする。正則を護衛につけた秀吉は、こそこそと出かけていき、信繁は最後尾から従うのだった。

石田三成が、秀吉の脱ぎ捨てた着物を見つけたのは今回が初めてではなかった。呆れる三成を前にして、事情を知っていた片桐且元は気まずそうに留まっていた。

秀吉たちは、遊郭で吉野太夫の舞を見物しながら升で酒を飲んでいた。秀吉は太夫に惚れこんでいたのだが、太夫は秀吉を相手にせず去っていってしまう。それでも秀吉は上機嫌で酒を楽しんでいた。大酒飲みの正則が大きな升で酒を飲んでいる姿を見て笑う秀吉だったが、ふと思案顔になる。信繁が景勝に会わずともいいのかと訊いたとき、我に返った秀吉は、信繁の父・昌幸にはほとほと手を焼いていると愚痴をこぼすのだった。

スポンサーリンク

その直後、襖が開いて顔をだしたのは三成だった。秀吉が仕事を放り出して向かうのはここしかないと、三成は嫌味な物言いをした。すると、信繁が大坂を楽しみたいと言うからしぶしぶ連れてきたのだと、秀吉は信繁に責任を押しつけようとする。そんな秀吉に困惑しながらも、信繁がさすが大坂だとその話にあわせると、気の利く信繁に秀吉は上機嫌になる。信繁たちの猿芝居に呆れつつ、三成は秀吉を城へ連れ戻そうとするが、秀吉は景勝には明日会うとして城に戻ろうとはしなかった。そのとき信繁が突然、姿勢を正して言う。
「殿下、左様にご多忙の折に、私ごときのお頼みを叶えてくださるとは、申し訳なき限り。私はぞんぶんに楽しみましたゆえ、どうかお城にお戻りくださいませ」
信繁に促されてようやく立ちあがった秀吉は、ふと思いつき、三成に会合の連絡を流しておくよう命じる。

その夜、上杉景勝は信繁に、秀吉への謁見が翌日になったことを伝えると、秀吉と真田氏との関係の斡旋を約束する。信繁は、景勝よりも先に秀吉に会ったことなど言えるわけもなく、複雑な表情で礼を述べるのだった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: