みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第28話のあらすじとネタバレ!「死の帳面」

      2017/11/10

おんな城主直虎あらすじ第28話「死の帳面」

7月16日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎
第28話「死の帳面」の詳細なあらすじです。

前回(第27話)はこちら。
おんな城主 直虎 第27話のあらすじ「気賀を我が手に」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主直虎 第28話「死の帳面」あらすじ

今川氏真(尾上松也)の妹・鈴は武田義信に嫁いでいた。
その義信は、父・武田信玄に対して謀反を企てたと疑われ、自害に追い込まれた。鈴はそのまま甲斐に留め置かれている。

この仕打に対し、すぐに手を打ったのは寿桂尼(浅丘ルリ子)だ。自ら甲斐へ向かい、孫娘である鈴を駿府へ返すように信玄に直訴した。これと並行して、氏真の妻の実家にあたる北条家に対して、仲裁をしてもらうよう願い出た。

この寿桂尼の働きにより、鈴は無事駿府に戻され、今川と武田のいざこざも一旦決着した。

さらに、越後の上杉家との和睦にも赴くなど、寿桂尼は文字通り奔走した。その代償か、心臓に病を発して、伏してしまった。

その頃、気賀では堀川城の完成祝賀の宴が開かれていた。
その席で直虎は思わぬことを言い出した。

方久「私がここの城代にございますか?」
直虎「それが最もやりやすいと思うのじゃが」

中村屋や町衆も同意して一斉に声を上げた。

方久「瀬戸方久、お預かりするからには、気賀を銭のうなる地に変えてみせましょう!」

そこに龍雲党の皆も顔を出した。
直虎「来てくれたのか。こっちじゃ、こっち!」
龍雲丸「へぇ、ここから世を変えねばならねえんで」
二人は笑顔で見つめ合った。

スポンサーリンク

「では、気賀はうまく回りそうなのですか」
碁石を置きながら政次が言った。

直虎「われが口を挟むことなど、ほとんどない様子じゃ」
政次「殿。そろそろ戦のことを考えたほうがよろしいかもしれませぬ」
直虎「今川と武田のいさかいは収まったのであろう?」
政次「表向きです。裏では武田は攻め込む手はずを整えておりましょうし。どうやら大方様のお具合もよろしくないようにございます。お亡くなりになれば、一挙に事が動くかもしれませぬ」

この言葉を聞いた直虎は、愕然となった。
政次「寝返りが始まり、戦にもつれ込みます。このまま何もせずにおれば、今川方として駆り出されるだけです。そろそろ何か手を打たねば」
直虎「…我らも寝返る支度ということか」

政次は静かに頷いた。
直虎「直親の仇をとってやらねばならぬな」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: