みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

真田丸 わがままで口うるさい薫は家族思いの母上?高畑淳子が語る役作り

   

高畑淳子

出典:laughy.jp

着物をめでて素直に感情を出す
その人間らしさを大事にしたい

昌幸の正室であり、信幸と信繁の母である薫。明るくてうるさいうえにワガママなキャラクターとして描かれています。

真田丸ではコミカルな役柄で三谷ワールドを演じており、周りから浮いた役柄ではありますが、脚本も演技もしっかり練り込まれた上でのあのキャラクターなんだとか。

演じる高畑淳子さんが語った薫の役作りの見どころをご紹介します。

薫とは?

真田昌幸の妻。公家出身で、武田信玄を介して昌幸と結婚。松、信幸、信繁を産む。公家出身の誇りが強く、武家の考え方が理解できずに反発することも多い。

真田家は、有力大名間を渡り歩きながらたくましく生き抜くが、従属した相手から人質を要求されるのが常で、薫はそのたびに誰が人質になるのかと気をもむ。信繁と身分の低い梅の結婚に反対するなど、頑なな面もあるが、家族思いで愛情深い。

スポンサーリンク

高畑淳子が語る役作りの秘密

撮影にあたって三谷さんがこんなことをおっしゃっていました。私たちは歴史の結果を知っているけれど、登場する人たちは先がどうなるか分からない中で生きている。なので、右往左往している人を演じて下さいと。

脚本もまさに、みんなが右往左往しているさまがおもしろく描かれています。なかでも私が演じる薫は、ちょっとすっ頓狂(笑)。大変なときもまず自分の着物を守ろうとしたりして、周りから浮いているところがあるんです。ただ、その滑稽なところを滑稽に演じるだけではいけないと、常に自分を戒めています。お芝居はやはり、その人物の言動そのものよりも、その人が何を考えているか、相手とどういう関係なのかということが大事だと思うので、薫が滑稽なことをする理由や薫の内面を大事に演じたいと思っているんです。

高畑淳子

出典:高畑淳子オフィシャルブログ

薫が持っている価値観には、京の公家の出であることが影響していると思います。史実としてその真偽はわからないそうですが、脚本では、姑のおとりさんにも、美しくお飾りとして、家の風格を高めることが務めだと言われていますから、本人もそれが自分の役割だと思っているのでしょう。明日をも知れない状況下、考えてもしかたがないと、美しい着物をめでていたのかもしれません。それも生きる知恵ですよね。

着物が好き、人質には行きたくないと、素直に感情を出す薫は実に人間らしいと思います。妻や母としても、家族みんなが無事でいてくれるだけでいいと願っている。旦那様が無事で帰ってきたときには頬をすり寄せて喜んだりするほど(笑)。その思いには大いにうなずけますし、最後までそんな生身の人間を演じたいと思います。見る方にとっても感情移入できる人物になればうれしいですね。

ネットの反応


スポンサーリンク

あわせて読みたい

大河ドラマ『真田丸』 関連記事まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: