真田丸 春のキャラは天真爛漫?ヤンデレ?松岡茉優が語る役作り

大谷吉継の娘であり、信繁の正室になった春(竹林院)。

真田丸では、登場した当初こそカワイイ天真爛漫な女の子かと思いましたが、そこは三谷幸喜さんの脚本です。障子を指で破ったり、信繁の前妻・梅に嫉妬して、娘に「梅」と名前をつけたりと、ヤンデレのキャラを確立しています。きりとの絶妙なコンビも相まって、視聴者の間では賛否両論の多くの声が散見されます。

そんな春を演じる松岡茉優さんがインタビューで語った役作りのポイントをご紹介します。

松岡茉優

出典:http://ameblo.jp/matsuokamayu

春(竹林院)とは

大谷吉継の娘。明るいが、少々嫉妬深い性格。秀吉の仲介で信繁の正室となり、嫡男・大助らを産む。九度山で蟄居生活を送る信繁や舅の昌幸を献身的に支える。

きりとともに「真田紐」を作るなどして内職に励み、家計面でも信繁に尽くした。「大坂の陣」では大坂城落城後、子女を連れて逃げるが、徳川方に見つかり、家康に引き渡される。のちに許され、剃髪して竹林院と称した。

スポンサーリンク

松岡茉優が語る役作りの秘密

台本を頂いたとき、明るく天真爛漫な女性という印象でした。そのつもりで役作りを考えていましたが、収録の1週間前になって三谷さんからご連絡を頂きました。そのメッセージを読んだ途端、役作りのイメージは完全に覆されました(笑)

春は明るいだけの女性ではなかったんです。娘に夫の前妻の名前をつけたり、嫉妬すると障子に穴を開けたりと、独特な感性を持っている女性です。愛に貪欲で、情緒不安定で、計算高い。構ってアピールをすれば、旦那様は抱きしめてくれるので、心の中ではガッツポーズをしているんです(笑)。

私の中で印象深かったのは、第39話「歳月」できりさんから「信繁にとってあなたが一番なんだから」と言われた場面です。本人から言われるよりも納得できて、スッと心が楽になりました。この場面をきっかけにして、春の妻としての意識が変わったと思います。

春は、賢将として名を馳せた大谷吉継の娘なので、それに相応しい内面も表現したいと思っています。片岡愛之助さんが演じた父上の毅然とした姿、包み込むような優しさを忘れずに演じています。

旦那様から大坂城に入ると告げられた春が、うろたえることなく「覚悟はできています」ときっぱり答えるシーンに、春の本質的な強さと父の血筋を感じました。

今後、「大坂の陣」に向かう夫や息子に、春はどんな言葉を掛けるのか。どんな思いで戦況を見守るのか。予想がつかないだけに、演じる私も楽しみにしています。

ネットの反応


スポンサーリンク

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました