みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

真田丸 おバカキャラな秀次は女好き?新納慎也が語る役作りの秘密

      2017/11/10

新納慎也

出典:www.crank-in.net

秀吉の甥で、関白にまで任命される豊臣秀次。真田丸ではダメな2代目、きりに近付く女たらしキャラとして描かれています。魔界とまで呼ばれている大坂城で、唯一の癒やしとして楽しみにしている視聴者も多いようです。

そんな秀次を演じる新納慎也さんがインタビューで語った役作りのポイントをご紹介します。

豊臣秀次とは?

母は秀吉の姉。若いころの名前は孫七郎。秀吉のもとで権中納言に任官し、近江中納言と呼ばれた。秀吉の長男・鶴松が夭折したため、秀吉の養子となり、関白に就任する。聚楽第に住み、秀吉が定めた『御法度』や『御置目』に従って政務を行う。

秀吉が朝鮮出兵に専心した時期は、秀吉に代わり国内統治に当たった。秀吉に次男・秀頼が生まれたことで秀吉との関係が悪化し、高野山で切腹して果てる。秀次の妻子は、京の三条河原で処刑される。

新納慎也が語る役作りの秘密

真田丸では、人物の細かいところまで描かれているので、演じる側としては嬉しいです。そんな脚本で描かれている秀次は、戦や名誉、地位にはまったく興味がなく、文学や芸術を愛し、平和主義の優しい人間性を持った人だということ。自分の性格は戦国の世には似つかわしくないことも理解していたのだと思います。そんな人間にも関わらず関白まで務めることになったのは、叔父である秀吉がいたからこそ。秀吉に感謝し、尊敬していたのは間違いないと想像しています。

秀次は、初めて会ったときから、きりを気に入り、好きになります。彼女の明るさや素朴さ、そしてハッキリとものを言う性格に惹かれたのだと思います。きりのような勝ち気な性格の女性がそばにいることが救いになっているんだと思います。

新納慎也

出典:ameblo.jp


スポンサーリンク

そんな純朴で飄々とした秀次も、最期は悲劇が待ち受けています。なぜそんなに追い込まれたのか、いくつかの説があるようですが、今回の真田丸では、最新の調査を基にした新しい解釈で、秀次が切腹に至った経緯を描いています。僕自身も自然で受け入れられる説だと感じました。明るいキャラクターの秀次が悲しい決断をする、その描写にご期待下さい。

視聴者の皆さんに「秀次役の新納慎也って誰?」と思ってもらえるのはすごく嬉しいです。それ以上に「秀次ってこんな人だったの?」と認識して頂けたら、それが一番です。秀次も喜んでくれると思います。

ネットの反応

スポンサーリンク

あわせて読みたい

真田丸 人たらしの秀吉はドス黒い殿下?小日向文世が語る役作り

真田丸 名古屋弁の寧は包容力あふれる糟糠の妻!鈴木京香が語る役作り

真田丸 きりはウザいだけのキャラ?長澤まさみが語る役作りの秘密

大河ドラマ『真田丸』 関連記事まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: