イギリスEU離脱の速報で為替相場に激震!ドル円は半日で8円の円高

英国EU離脱賛否の国民投票

イギリスのEU離脱(brexit:bretain + exit)の賛否を問う国民投票が6月23日に行われました。
日本時間24日の正午前に「離脱優勢」の速報が流れると同時に、マーケットに激震が走りました。

その様子を、各国通貨の為替チャートで比較してみましょう。

為替チャートに見る英国EU離脱の衝撃

ドル/円 USD/JPY

24日のAM6:00時点のドル円相場は、106円後半で推移していました。
それが、AM11:30の速報のタイミングで1ドル98円台に突入しています。
5時間少々で8円近く円高に傾いていますね。急激な円高が進行しています。

ドル円チャート
イギリスEU離脱確定時のドル/円チャート

スポンサーリンク

ユーロ/円 EUR/JPY

ドル円相場とほとんど同じ動きですね。
ユーロが売られて、円が買われています。

ユーロ円チャート
イギリスEU離脱確定時のユーロ/円チャート

ポンド/円 GBP/JPY

こちらも同じく、ポンドが売られ、円が買われています。
安全通貨と呼ばれるが全面的に買われている状況です。

ポンド円チャート
イギリスEU離脱確定時のポンド/円チャート

ユーロ/ドル EUR/USD

では、米ドルの視点から見てみるとどうなるのでしょうか。
ドル円とほぼ同じ動きをしていますね。
すなわち、ユーロが売られ、ドルが買われています。

ユーロドルチャート
イギリスEU離脱確定時のユーロドルチャート

スポンサーリンク

ポンド/ドル GBP/USD

米ドルと英ポンドの為替はどうでしょうか。
こちらもドル円とほぼ同じ動きです。
ポンドが売られ、ドルが買われています。

震源地の通貨であるユーロやポンドを手放し、比較的安全な円やドルを買っているという構図が見えてきますね。

ポンドドルチャート
イギリスEU離脱確定時のポンドドルチャート

ユーロ/ポンド EUR/GBP

では、当事国同士の為替はどう推移しているのか気になりますよね。
これまでのチャートとは正反対の動きをしていることがわかります。

すなわち、ユーロを買って、ポンドを売っているということです。
“ポンドよりユーロが安全である”というのが、マーケットのコンセンサスのようです。

「イギリスがEUを離脱した場合、経済的には苦しくなる」と言われていたことが、さっそく白日の下にさらされたと言えます。

ユーロポンドチャート
イギリスEU離脱確定時のユーロポンドチャート

コメント

タイトルとURLをコピーしました