みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

大河ドラマ 真田丸 第13話『決戦』あらすじとネタバレ

      2017/11/10

sanadamaru-outlines_13
4月3日放送の真田丸 第13話『決戦』の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

あらすじ

徳川軍は総大将に鳥居元忠を据え、大久保忠世と平岩親吉の三将で指揮をとっている。小県を流れる神川まで進軍し、上田城の対岸に布陣した。少勢の真田を軽んじ、まずは降伏を促す書状を送った。
「沼田城さえ渡せば、兵を引くそうだ」
昌幸が書状を読み、興味なさげに内記に放った。

戦支度

城下では、作兵衛が農兵たちを指揮し、町の大通りに乱杭を打ち込んでいた。作戦上、城の北に抜ける路地は、隙間なく杭を打ち込んで厳重な柵にし、通行止めにしてある。梅も手伝い、すえに授乳する時間が来ると、慌ただしく上田城に走っていった。

本丸の一室に、とり、薫、こう、きりが集まっていて、開戦前の緊張が漂う中でも、すえはおとなしくきりに抱かれている。そこに、梅が駆け込んできた。お乳なら誰かに頼めるだろうときりは思うが、梅は首を横に振った。
「自分のお乳で育てたいの」
梅の気持ちを誰よりも理解したのは、薫だった。すえをいとしげに見て、梅にほほえんだ。
「よい子を産んでくれました。早く源次郎に見せてやりたいこと」
身分へのこだわりは、薫からなくなっていた。

スポンサーリンク

軍議

広間では、昌幸を中心に、信幸、昌相、内記、頼綱などが集まって軍議を開いていた。昌幸が練った戦略では、徳川の隊列を細長く伸ばすことができれば、少ない兵でも多勢を切り崩せる。
「だが、コマが一つ足りぬのだ。……これでは勝てぬ」
昌幸が考えあぐねていると、信繁の声がした。
「帰ってまいりました!」
喉から手が出るほど欲しかった信繁というコマがそろい、これで勝ったも同然だ。作兵衛も加わり、軍議が活気づくと、昌幸は地図を広げて信幸、信繁、昌相などに役割を割り当てていった。また、北条はこの機に乗じて必ず沼田の奪回に動く。そこで、頼綱には沼田城の守備を頼んだ。

軍議を終えると、信繁は薫たちがいる一室に行き、初めてわが娘・すえと対面した。恐る恐る抱きながら、目で梅の姿を捜したがいない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: