みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

大河ドラマ 真田丸 第10話『妙手』あらすじとネタバレ

      2017/11/10

sanadamaru-outlines_10

3月13日放送の真田丸 第10話『妙手』の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

あらすじ

家康はすでに浜松城に帰っている。信尹は浜松城を訪ね、重臣の本多正信と対面した。
「三河守様が、約定を必ずお守りくださるお方と信じましたゆえ、真田がお味方いたしたこと、くれぐれもお忘れなきよう」
信尹はくぎを刺し、慇懃に平伏した。

家康は真田の力を必要としていたときは、信尹と直接顔を合わせた。だが今は、亡き信長の葬儀を取りしきり、有力な後継者として台頭してきた秀吉の動向が気がかりで、用済みとなった真田どころではない。
「とはいえ、真田にへそを曲げられ、上杉につかれでもしたら、えらいことになります」
正信は信尹との対面を終え、切れ者ぞろいの真田を軽んじてはならないと忠告した。

浜松へ

家康から会いたいと呼ばれ、昌幸は急病という口実をもうけ、浜松城に信幸と信繁を遣わした。家康はあからさまに不機嫌な顔をすると、なげやりな口調で北条戦での真田勢の活躍に感謝した。

信幸が丁重に頭を下げ、おもむろに顔を上げた。
「……虚空蔵山城をご存じでございますか」
信幸が家康に尋ねると、信繁がさっと信濃の地図を広げた。虚空蔵山城は、上杉と徳川の領土の境目にあり、小県の北方に接している。
「上杉は、この城を足がかりに、信濃の支配を狙っております。されば、わが小県に、それに備えた新しい城を造っていただきとうござる。いざというときに、徳川方の軍勢が入れるだけの城を、この海士淵に。われら真田が謹んでお守りつかまつる」
信幸が地図で海士淵を指した。
「真田のために、わしに城を造れと申すか」
家康が目をむき、傍らにいた本多忠勝が憤慨して立ち上がった。

スポンサーリンク

ところが信幸は、忠勝の鼻息の荒さなどどこ吹く風で、いずれ脅威となる上杉を牽制し、小県の守りを固める、徳川のための城だと主張した。

正信が膝を進め、地図で虚空蔵山城と海士淵の位置を確かめると、信幸の説に一理あると認めた。すると、家康はあっさりと普請を了承した。
「分かった。造ってしんぜよう」
今回の家康の呼び出しを、昌幸は駆け引きの好機とし、信幸を差し向けて城を築かせようとたくらんだ。しかし、家康もこの機を捉えて腹案を練り、一つの条件を出してきた。
「沼田をもらい受けたい」

真田を味方に取り込む際、家康は沼田城と岩櫃城を含む沼田領の安堵を約束した。にもかかわらず、家康と氏政が和睦の約定を交わした際、上野一国を北条に渡してしまった。沼田領を失えば、真田の領地が五分の一に減ってしまう一大事だ。
「お断り申し上げる。沼田を北条に渡すなど理不尽至極!」
信幸が断固として抗議すると、忠勝が怒りのあまり殺気立ち、一触即発の緊迫した空気となった。

結局、立ち会っていた信尹が、昌幸と相談して決めるという形でこの問題を預かった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: