みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主 直虎 第20話のあらすじとネタバレ!「第三の女」

      2017/11/10

おんな城主直虎あらすじ第20話「第三の女」

5月21日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第20話「第三の女」の詳細なあらすじです。

前回(第19話)はこちら。
第19話のあらすじ「罪と罰」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第20話「第三の女」あらすじ

直虎(柴咲コウ)と祐椿尼(財前直見)は龍潭寺に向かい、女と対面した。
その女は「高瀬」といった。

南渓(小林薫)「母が亡くなる間際に、父は井伊の亀之丞という男と聞いたそうでな…。身寄りもなくなったので、その話を頼りに出てきたそうじゃ」

直虎は動揺している。
信じたくない。偽者かもしれない。
でも本物だったら、どうすればいい?
直親(三浦春馬)の顔とともに、たくさんの記憶が脳裏を駆け巡っていた。

亀に娘がいるとは、誰も聞いたことがなかった。
それを知った高瀬(高橋ひかる)は、動揺しながら言った。

高瀬「では、おらぁの聞き間違ぇだったのかもしんねぇない。…これにてお暇いたしやす」

直虎には、若い娘が哀れに思えた。
直虎「しばし、井伊の屋敷におってはどうじゃ」

南渓と祐椿尼は、驚いた顔を向けた。
直虎は、2人を見やると同時に、自身も説得するかのようにゆっくりと語り出した。

直虎「まこと、直親の娘ならば、井伊としては捨て置くわけにもいきますまいし」

直虎が現在の当主と聞いた高瀬は、驚いた様子だった。
本当に直親の娘であれば、高瀬は井伊の姫ということだ。

直虎「そなたがまことに直親殿の娘かどうか、明らかになるまでここにおるがよい」

ところが、高瀬の身元探しは難航した。
母親の名がユキということはわかっているが、南渓や昊天(小松和重)、傑山(市原隼人)も聞いたことがないとのことだ。

高瀬の噂は井伊谷を駆け巡った。
これに敏感に反応したのは、もちろん、しの(貫地谷しほり)だ。

直虎「いま身元を確かめておるゆえ、お待ちくだされ。お腹立ちのことと思うが、どうか…」
しの「おいたわしや、直虎様。ご出家までされたのに、その間に直親様は、どこぞのおなごに甘ったるいお言葉をかけられ、子までなし…」

直虎はこれまで考えないようにしていたが、いざ言葉にされると腹が立った。

直虎「あれがまことの娘ならば、虎松も姉上ができよう。娘が増えれば調略もできよう。直親は井伊に宝をよこしてくれたとさえ思うておる」

スポンサーリンク

高瀬の一件は、井伊家の評定の席でも話題にあがった。
直親の娘だと判明したら、家内に加えるべきだろうという流れになりつつあった。

そんなとき、政次(高橋一生)が冷静に言った。
政次「恐れながらその者、武田の間者ということはございませぬか?」

一同が唖然となる中、政次が続ける。

政次「井伊の皆様のお耳にも入る頃かと存じますが、今川と武田に争う兆しがございます」

今川と武田の関係が崩れつつあるこのタイミングに、武田の手の者が井伊に入り込んでいても不思議はないだろう。

政次「何とぞ、よくお考えのほどを」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: