みんなの噂話

ドラマに関するあれこれ たまに世間の噂話

岡田准一の演技力評価は?【うまい/下手】迫力の演技の背景には格闘技経験があった!

   

白い巨塔

5月22日から5夜連続スペシャルで、岡田准一主演「白い巨塔」がオンエアされます。

「白い巨塔」は何度も映像化されている山崎豊子の名著で、2003年の唐沢寿明主演に継いで16年ぶりのドラマ作品です。
 

主人公・財前五郎を演じる岡田准一の演技力評価はどうなのでしょうか?

気になる岡田准一の演技力評価を、上手い派・下手派に分けて、見ていきましょう!
 

岡田准一のプロフィール

氏名 岡田 准一おかだ じゅんいち
生年月日 1980年11月18日(38歳)
出身地 大阪府枚方市
血液型 B型
身長 169cm
事務所 ジャニーズ事務所

 

岡田准一は言わずと知れたジャニーズ事務所のアイドルグループV6の末っ子キャラですね。

でも、特に映画での活躍を見ると、岡田准一がアイドルであることを忘れるくらい、俳優として活動している感じがあります。

受賞歴もすごいんですよ!

  • 2014年12月、第39回報知映画賞 主演男優賞(永遠の0)
  • 2015年2月、第38回日本アカデミー賞、最優秀主演男優賞(永遠の0)
  • 2015年2月、第38回日本アカデミー賞、最優秀助演男優賞(蜩ノ記)
  • 2015年2月、第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(軍師官兵衛)
  • 2018年4月、第42回モントリオール世界映画祭・審査員特別グランプリ(散り椿)
  • 2019年1月、第42回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(散り椿)

 
上記は一部抜粋です。

世界にも羽ばたいていて、演技に真剣に取り組んでいる感じがありますね。

TVドラマ出演はあまり多くない岡田准一ですが、一部では同事務所の木村拓哉とのすみ分けなどと、ささやかれていますね。

大河ドラマ「軍師官兵衛」、「図書館戦争」での主演以来なので、「白い巨塔」の財前五郎役は4年ぶりの出演です。

「白い巨塔」で見せた岡田准一の演技力は?

田宮二郎さん → 唐沢寿明さん → 岡田准一さんか。。。 自分は、唐沢さんのからしか知らないけど、諸先輩方の話を聞くと、唐沢さんも足元にも及ばないほど、白い巨塔は、田宮さんが素晴らしいらしい。果たして、岡田くんは、どんな演技を見せてくれるのか。。。

 
岡田准一にとって久しぶりのTV主演ということで、注目も集まっている「白い巨塔」。

財前五郎役の演技にはどのようなコメントが集まっているのでしょうか?

第1話視聴直後の感想から集めました!

 

応援する!

もはや白い巨塔は007ですらあるわけ。世代によってあのボンドが好きとかそういう感じで、田宮版が正統派だの唐沢版の二人が好きだの言う。この白い巨塔・サーガに新たに入った岡田准一はじめキャスト陣全員を応援したい。

 

白い巨塔は唐沢寿明版の方が良かったって言ってる人多いけど、岡田准一版の方が良かったって20年後の寺田心版の時もどうせ言ってるよ

 
やはり唐沢寿明演じた主役・財前五郎の印象が強くて、違和感を持った人は多いようですね。

2003年フジテレビ版「白い巨塔」は、シーズンものの連ドラだったこともあり、視聴率も平均23.9%と高く、比較は避けられない様子です。

白い巨塔【2003年・唐沢寿明】視聴率一覧表&グラフ推移
2003年10月期 2004年1月期 2クール連続のフジテレビ系ドラマ「白い巨塔」。 視聴率一覧表とグラフ推移を速報で更新します。 白い巨塔...

 

フジテレビ版『白い巨塔』は2003年。唐沢財前は39歳、江口里見は35歳だから今回演じる岡田くん(38歳)松ケン(34歳)とそう変わらないけど、今回の二人の方が幼く感じる。今するならこの二人がベストキャスティングな気がするけど、何でだろうなぁ

 

改めて唐沢寿明と江口洋介の演技力の高さを実感。

 
しかし、「では岡田准一に何が足りないのか」というと、具体案はあまりないんですよね。

と、いうわけで「それぞれの世代の財前を応援しよう!」という声が集まっています!

唐沢版「白い巨塔」は10回以上観ててもう本当に最高だと思ってるんだけど、岡田版もなかなか素晴らしくて明日も楽しみ。とりあえず、髪を振り乱しながら植木鉢を蹴り倒しまくる寺尾聡が見たい。

 

批判は自由だけど過去の作品に拘り過ぎてそこしか語らないのであれば、新作は作れなくなると思うんですよね…あの作品のテーマは普遍的なものなので、それは勿体ないなあと。その時代で可能な限り最高のものを制作してほしいと、ファンとして願います。

 

武士だ、闘士だ!

白衣を着て医者のフリしてテロリストと戦いそうな財前

 

武士かと思った。身のこなしが只者ではない。

 

なんという力のある土下座か…

 
岡田准一の財前五郎は、眼光鋭く、さらさらと屋上まで工事現場を上ったりと、動きが颯爽としていました!

ビシッとしているので、体育会系のイメージがにじみ出てしまいますね。

野心より曲者ぶりが東教授に嫌われそうな感じで、そこを味わい・個性ととるか、時代劇が抜けていないととるか、人それぞれですね。

年齢が進んだり体調の変化が出てきたりすると、また印象が違うのかもしれませんが、確かに“脂ギッシュ”というよりも“必殺”という感じです。

いえいえ、お医者様なんですけれどね(苦笑)

 

背が低い、残念!

田宮二郎(180センチ)→唐沢寿明(175センチ)→岡田准一(169センチ)

僕が観た実写版での財前五郎は縮んでいく。

 

東教授より背が低い財前五郎はまずいと思う

 

さっきから母上様が「今回の財前先生ちいさい」ってうるさいので、「うるせえ!!テレビに優しいサイズなんだよ!」と返す僕

 
岡田准一の身長は公式発表で169㎝。

今まで映画の大スクリーンで見ても、個人的には岡田准一の身長を気にしたことはなかったのですが、皆さんの意見では「財前小さい!」と話題になっています。

確かに、東教授を演じる寺尾聰が176㎝、鵜飼教授を演じる松重豊が188㎝なので、ちょっと分が悪いですね。

でも主役としての存在感は、負けていないと思います!

 
「白い巨塔」についての岡田准一は、まだまだ今までの映像化作品と比べられて評価が伸びない感じです。

でも「ここが悪い」という意見はほぼ出ていないので、演技力としては認められているのですね!

見た感じインパクトは強く、また母親を大事にしている面も取り上げられていて、とても人間的で共感しやすい野心家です。

『白い巨塔』の原作の裏設定は「権威の医大vs.金の開業医」。裏の主人公は金を湯水のように使い、婿養子の五郎を教授にしようとする財前又一。なんで彼が血のつながりもない五郎をここまで援助するのか。ここを描かないこの作品には意味がなく、きちんと描いているのは1966年の映画版のみ。

 

現代版財前五郎を「腹腔鏡の名手」「肝胆膵の若き権威」としたのは面白いと思う。
原作の財前は胃癌手術の名手だが、現在胃や大腸の悪性腫瘍手術では腹腔鏡がかなり普及していて、原作のような「新技術」感はもはやない。
ところが肝胆膵領域、特に膵臓となるとまだまだ行う施設は少ない。

 
過去作品を突き詰めていくと「原作が1番!」ということになってしまいますから、やはり5日間は「令和の財前」たる岡田准一の演技を楽しみたいと思います。

それに「ドクターX」などで医療ドラマ実績バツグンの、テレビ朝日ならではの先進医療に邁進する財前医師も見ごたえありです!


 

岡田准一の演技、うまい派

一方で、過去の出演作での岡田准一の演技力の評価はどうなっているのか見ていきましょう!
 

応援

真剣に成長している演技がいい!

ジャニーズのタレントに関しては好きでも嫌いでもないけれど、基本的にどちらかと言えば否定的な見方をしがちで、でも、岡田准一の演技力と存在感は、普通に尊敬している。

 

ジャニーズというだけで映画やドラマの演技も見ない方が大変多いと思います。でも演技をしっかり見てから評論してほしいと思います。例えばキムタクの際立つ個性にオーラを始めV6の岡田准一は今や映画界の至宝ですし、関ジャニの錦戸亮の大河の西郷どんの演技は普段からは想像できない哀愁があります🤗

 

どこかの番組で、岡田准一さんが初めて演技をした時の話をしていた。あまりに下手で周りの足を引っ張っていると言われたと。その時の悔しさがあって今があると。悔しさは人を向上させるけれど、簡単なことではない。『海賊とよばれた男』を観て、ここまで努力し続けられる人は凄いなぁと改めて思った。

 
「ジャニーズだから」、「アイドルだから」ということで、頑張っても色眼鏡で見られやすい立場にある岡田准一。

でも、「今や明らかに成長している」「もはやアイドル人気とは別物」というふうに演技力を評価する声は多いです。

ジャニーズ所属のメンバーの中でも1,2位を争うぐらい演技評価は高いですよね。

 

格闘のシーンがスゴイ!

岡田准一の格闘技ムーブ、改めてまとめて見ると、やっぱり技が綺麗っていうか、役者的というか、演技で使う為に、物凄い回数打ち込みしたんだろうなぁ、と思う。引き込み十字がうめぇ。

 

岡田准一のアクションがすごかった。パンフのインタビューを読んだら武術や格闘技を習ってるんだと。笠原に腕ひしぎを極めたシーンは普通の演技なら相手の手のひらを上にする筈が親指を上にしていて、こんなの経験者じゃなきゃやらんだろうとびっくりした。本気で極める動作だよあれは。

 

「散り椿」岡田准一はもう貫禄の一言。チャンバラ的な付け焼き刃の凡百時代劇が多い中で、こんな抑えた演技と体幹の強靭な殺陣で存在感を示せる人はそうそう居ないのでは。
しかし、岡田准一と森田剛というとんでもない俳優が2人もいるアイドルグループってなんなんだ。。

 

散り椿見た。すごく良かった!
終始美しい映像と殺陣の迫力、岡田准一演じる瓜生の鬼神のような表情と妻への深い愛を感じられる演技に魅了された。
どのシーンもため息が出るくらい美しいなと思ったら、監督さんが本職カメラマンの方らしい。納得。
昨日に引き続き良い作品見れて幸せ。

 
演技の向上心、あるいは趣味から、格闘技のインストラクターの資格を取得するまでにのめり込んだ岡田准一。

映画でもその成果が評価されています。
 

すごいのは現代的な格闘と、時代劇の殺陣について、両方評価されていることです。

「散り椿」での演技には「美を感じる」というコメントもよく見かけます。

それに、岡田准一に演技を習おう!という内輪の企画もあるそうですよ。

【ガチ】岡田准一が「部活」立ち上げ、“岡田部”に業界注目
演技や殺陣などを後輩や俳優仲間に指導する活動を始めたという。あまりに指導が熱心なため、「岡田部」と呼ばれているそう。

 

迫真の演技がいい!

報知映画賞で、「永遠の0」の岡田准一さんが主演賞を授賞した。とても嬉しい!
あの映画における彼の演技はまさしく鬼気迫るものだった。

百田尚樹 (@hyakutanaoki)

 

永遠の0ラスト「鬼気迫る」「迫真の演技」ってこういう姿かと思った。忘れられません。

 

「アイドル V6 岡田准一」と大河をV字回復に導いた迫真の演技。
まさに、ジキルとハイドって感じですかね(=゚ω゚)ノ

 
迫真の演技がいい!という意見です。

風貌とマッチしている、凄みのある役柄を演じることが多い岡田准一ですが、それが評価されているのですね。
 

また、アイドルV6としての活動とくらべて「ギャップが素敵だ」という声もあるんです。

V6内では末っ子キャラという立ち位置なので、たしかに対極で、面白いですね。

高い演技力でファン達を虜にする俳優・岡田准一はもちろん好きですが、一番はお兄さん達に囲まれて5歳児になってるオカダが大好きです。これからも無理せず自由な末っ子でいてください笑

 

老け演技がいい

映画「海賊とよばれた男」観ました。岡田准一さんの老けメイクとそれに輪をかけた演技の素晴らしさが際立つ作品。堤さんの活躍シーンもありました。劇場で再度観たいです。

 

『海賊とよばれた男』試写。主人公のモデルは出光興産創業者の出光佐三。日本人特有の右へ倣え体質でなく、自らの信念を貫く真のリーダー。齢90を超えた彼が、唯一一人の女性を幸せにできなかったことを悔やむ姿が胸を打つ。岡田准一の老け演技が上手い!当時の様々な街並を再現した映像も◎。

 
映画「海賊と呼ばれた男」についてですね。

青年から90歳のおじいちゃんまでを演じ分けたということで、評価されています。

実際、実力派俳優でも、ドラマ内で徐々に老けていく設定の中で違和感が出て、批判的な話題になる人は少なくありません。

それが大スクリーンで評価されているのですから、岡田准一、侮れませんね。

 
他にも色気をホメる人、ドSキャラがいいという人など、演技力やキャラクターになり切る姿勢などをホメる声は尽きません。

評価の割合は「上手>下手」と意見は傾いているようですが、演技下手の指摘についても若干はありますので、見ていきましょう!

 

岡田准一の演技、下手派

では、一方で演技がヘタと感じている人の評価を見ていきましょう。

 

ワンパターンな演技

岡田准一の叫びの演技っていつもワンパターンだよね。ていうか、全ての演技がいつも同じだよね。いくらなんでも名優扱いはないわー

 

映画がすごく楽しみなんだけど主演がジャニーズの岡田准一って…天地明察でも主演やってたけどあのワンパターン演技をこっちでもやられたらたまらんな…

 
どの役を演じてもワンパターンであるという意見です。

俳優、あるいはアイドル岡田准一としてのオーラが消し難い、ということでしょうか。

映画の主演作品が、岡田准一のルックスを買って、いかにも「ヒーロー」然とした役柄が多いことも影響しているかもしれません。

 

声優が下手

「ゲド戦記」面白かった。岡田准一が下手過ぎ・・アテレコ向いてないんぢゃね? 無理してジャニ系をキャスティングする必要なかろーにw

 

岡田准一って演技下手なわけじゃないのにアフレコになるとやばい、なんだこれってレベルでやばい。やっぱ声優さんってすごいんだね

 

コクリコ坂はマシだったけど、岡田准一の声が老けすぎなんだよなぁ 手嶌葵が演技下手なのは言わずもがな

 
岡田准一は「ゲド戦記」(2006年)アレン役と「コクリコ坂から」(2011年)の風間俊役の2回、主役の声優を担当しました。

“イケボ”と声質をホメる意見はあるのですが、声の演技を称賛するコメントは確かに見当たりませんでした

「もっと活舌が良ければいいのに」という今後を期待するコメントはあったので、また声優に挑戦してもらいたいですね。

 

笑い方が下手

岡田准一って“笑う演技”…下手ねぇ。まあ、笑うのって泣く演技よりも難しいんだけれども。「…ははははは、あーははははは」

 
大河ドラマ「軍師官兵衛」での、笑い方の演技についての苦言です。

確かに2014年というと、岡田准一の俳優歴の中では、まだあまり時代劇に馴染んでいない時期ですね。

少し武将らしくないのが気になった、ということもあるでしょう。

ただ、次のようなコメントもあるんですよ!

最初「あれ?ちょっと演技下手?」って思わせて、だんだんねっちょりしてきて、ラストは圧巻の演技!っていうのがさすが俳優・岡田准一さんだった。
官兵衛の時を少し彷彿とさせた。
#エヴェレスト

 
人生後半で官兵衛が“軍師”としてなれてきた時のために、前半の演技は少し“若気の至り”という演出になっているということなんです。

どこまでが演出で、どこからが演技能力かは測りかねますが、好悪両方の見方があるということですね。

 


 

まとめ

岡田准一の演技評価についてまとめてきました。

俳優・岡田准一の演技力は、ポジティブな評価が圧倒的に多かったです。

今回の「白い巨塔」のように、原作や過去作に囚われず、岡田准一らしさを押し出した演技を見せてくれることを楽しみにしたいと思います。

白い巨塔【2019年・岡田准一主演】視聴率一覧表&グラフ推移
5月22日から5夜連続オンエアのテレビ朝日系ドラマ「白い巨塔」。 視聴率一覧表とグラフ推移を速報で更新します。 白い巨塔 2019/5/22(水)~201...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:芸能 - 芸能人
タグ: