みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

真田丸 冷徹&策士の直江兼続!村上新悟が語る役作りの見どころ

      2016/04/16

sanadamaru-naoekanetsugu

引用:ja.wikipedia.org

戦国ファンの間ではおなじみの武将・直江兼続。
登場した当初はいい声を表す『イケボ』と注目されていました。真田丸では新たなキャラクターで描かれており、その冷徹さから、ネットでは『セコム』『番犬』と呼ばれているようです。また、主君・上杉景勝とのコンビに注目して、さまざまな妄想合戦が繰り広げられています。

ここでは、兼続を演じる俳優・村上新悟さんが語った役作りの背景を紐解くとともに、想像力豊かなネットでの反応をご紹介します。

直江兼続とは?

上杉景勝の実家・上田長尾家の家臣・樋口兼豊の長男。景勝が家督を継いだのち、名門・直江家の婿養子となり家督を継ぎ、与板城主となる。景勝の重臣として、上杉家の内政・外交両面で並外れた手腕を発揮。その仕事ぶりは「万事において隙なくおこなう」と評される。

信長の没後、各地で勢力争いが始まると、有力大名を天秤にかけて生き残りを図る真田家を警戒し、昌幸や、人質として上杉家に来た信繁の真意を見極めようとする。「愛」と「義」に生きた人柄は豊臣秀吉を魅了し、徳川家康にも一目置かれて天下に名声をとどろかせた。

家康と兼続がやりとりをした「直江状」が天下分け目の関ヶ原の戦いの引き金になったと伝えられる。

スポンサーリンク

村上新悟が語る役作りの秘密

murakamishingo

引用:www.shigoto-kk.com

今作に出演が決まったという情報は、所属事務所から送られてきたメールで知りました。そのメールが

「来年の大河ドラマが決まりました。役柄は直江兼続です。詳細はわかりしだいお伝えします」

という、極めてシンプルな内容だったのですが、その短い文章に僕がどんなに衝撃を受けたことか!直江兼続といえばご存じのとおり、大河ドラマ「天地人」の主人公ですから、「あの直江兼続を僕が?」と若干パニックですよね。メールでさらりと送られてきたから余計に驚いたんだと思います(笑)。

事情を呑みこんでからは、兼続について書かれている本をいろいろ読みました。兼続は、作家さんによってさまざまな描かれ方をされているんです。そのなかで、僕は「愛」と「義」の人と評されてはいる兼続ですが、それとは裏腹に冷徹で策士的な部分も兼ね備えていた人なのではないかと感じました。そうでなければ関ヶ原の戦いのきっかけをつくったりはしないでしょうからね。

ただ、三谷さんがお書きになる兼続は、もちろん「天地人」で妻夫木聡さんが演じられた兼続とも、それから僕が読んだ本に書かれていた兼続とも、イメージが違っているのではないかと感じます。三谷さんからはこんなふうに演じてほしいというリクエストもいただいているのですが、それは放送を見てからのお楽しみにしておいてください。いまは内緒ということで(笑)。

個人的には、信繁が上杉氏のもとへ人質にくるシーンを楽しみにしています。信繁は、上杉氏が大切にしている「義」の精神に大きな影響を受けたと思うんです。クライマックスの大坂の陣では、その影響を受けた信繁が豊臣方で、影響をおよぼした側の上杉氏が徳川方となるわけです。そういう皮肉な関係って胸にしみますよね。最終局面が映える伏線づくりができるよう、そこに向かってしっかりと兼続と向きあっていきたいと思います。

ネットの反応


スポンサーリンク

あわせて読みたい

上杉景勝(遠藤憲一)の役作りに関する記事はこちら。
真田丸 天使すぎる上杉景勝の設定とは?遠藤憲一が語る役作りの秘密

真田丸の関連記事はこちらからどうぞ。
大河ドラマ『真田丸』 関連記事まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タグ: