みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第41話のあらすじとネタバレ!「この玄関の片隅で」

      2017/11/10

おんな城主直虎あらすじ第41話「この玄関の片隅で」

10月15日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎」
第41話「この玄関の片隅で」の詳細なあらすじです。

前回(第40話)はこちら。
おんな城主 直虎 第40話のあらすじ「この玄関の片隅で」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

おんな城主直虎 第41話「この玄関の片隅で」あらすじ

万千代たちが小姓に上がる条件とは、草履番の後釜を育てる、というものだった。
そこへ連れられてきた男を見た万千代は、暗然たる思いになった。ヘラヘラにやけた男で、新入りのくせに40歳近くに見える。こいつを指南して一人前にしろというのか…。

その男はノブと名乗った。
万千代はこの男を徹底的に厳しく鍛えることにした。とにかく早く一人前にして、小姓に取り立ててもらわねばならぬのだ。

ところが、ノブは仕事がのろく、作業はたちまち停滞した。覇気、やる気といったものも感じられない。

万千代「若いほうが覚えもよいに決まっておる。もしかするとこれは、俺らを小姓に上げぬ策略ではないのか?そのためにわざと抜け作をよこしたのではないか?」

万福「上げぬつもりならば、そもそも人はよこさぬかと。しかし若、何やら妙な気配を感じませなんでしたか?」

万福が言うには、ノブを見て、ぎょっとした顔になったり、気色ばんだりする者が何人かいたという。

「見慣れぬ奴がおったからではないか?」

そんなことより、早々になんとかしなければ。万千代の頭は、ノブを一人前にすることでいっぱいである。

スポンサーリンク

そのころ井伊家では、松下家の後継者選びが進められていた。真っ先に白羽の矢が立ったのは、中野直久である。
直久は承諾し、話はすぐにまとまった。松下の意向を伝えに来ていた六左衛門が、口を開いた。

六左衛門「私はこちらへ戻りたいのですが…虎松様の守役もお役御免にございますし、松下におっても単なる居候のようで、どうにも…」

井伊谷に戻るとなれば、仕える先は領主の近藤家になる。直虎は近藤の居館に赴き、近藤の家臣である直久の養子縁組みと、六左衛門の帰還を願い出た。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: