みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第30話のあらすじとネタバレ!「潰されざる者」

      2017/11/10

おんな城主直虎あらすじ第30話「潰されざる者」

7月30日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎
第30話「潰されざる者」の詳細なあらすじです。

前回(第29話)はこちら。
おんな城主 直虎 第29話のあらすじ「女たちの挽歌」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主直虎 第30話「潰されざる者」あらすじ

駿府では、今川氏真(尾上松也)の号令のもと、国衆や目付たちを集めて、戦支度の命がとんでいた。

政次(高橋一生)は、井伊に戻るとすぐに直虎(柴咲コウ)と対面した。

政次「大方様に呼ばれたときのことをお伺いしたいのですが。いかようなお話をされましたか?」
直虎「直親のことを聞かれ、お言葉を返したら、大方様は涙を見せられ、われに今川を支えてくれ、と。…何かあるのか?」
政次「あの呼び出しは、内通の疑いがある者を洗い出すためのものであったとの噂を聞きまして」
直虎「われは試されておったということか」
政次「恐らくは」
直虎「しかし、あれからもうずいぶんと時もたっておるし。疑いなしとされたということではないのか」

政次には、これ以外にも引っ掛かることがあった。
駿府の今川館でのことだ。
方久(ムロツヨシ)が一人で氏真に呼び上げられ、なんとも表しがたい表情で控えの間に戻ると、その後はぴたりと口を閉ざしていたのである。

政次は、直虎が話していたことも気になっていた。
戦備えの商いのために蔵を建てることを、方久が今川家から許されたのだという。しかし方久は、井伊に材木を発注していない。

これはどういうことなのか。
今川家は井伊を疑っているのか。
潰すすもりで、それを方久は知っているとでもいうのか──。

政次は龍潭寺に向かうと、橘の木に向かって話しかけた。
「俺の考え過ぎか、亀」

橘は何も答えず、風に吹かれた葉が鳴った。
「…一つ、こちらから仕掛けてみるか」

スポンサーリンク

政次は気賀へ向かい、龍雲丸(柳楽優弥)を呼び出した。
政次が考えた策はこうだ。

三河から方久に会いたいという者が来ている。
商売になるかもしれないと思う方久は、のこのこと現れるだろう。
今川家との間に密約が生まれているとしたら、明らかな背信行為のはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: