おんな城主 直虎 第10話のあらすじとネタバレ!「走れ竜宮小僧」

おんな城主直虎あらすじ第10話「走れ竜宮小僧」

3月12日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第10話「走れ竜宮小僧」の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

おんな城主 直虎 第10話「走れ竜宮小僧」あらすじ

小野政次(高橋一生)が受けた腕の傷は、大事には至らなかった。
話を聞いた次郎(柴咲コウ)は、直親(三浦春馬)に正直に話すよう進言した。

それは無理だと、政次は口を開いた。
政次「小野は、あいつの父を奪ったことになったのだぞ。
いくらなんでも許すと思うか」

次郎は何かを思いつき、政次を見据えて言った。
次郎「しばしここに隠れておれ。
この件は、われがなんとかする。
…これは竜宮小僧の務めじゃ」
[pc]

スポンサーリンク
[/pc] [sp]
スポンサーリンク
[/sp]

騒ぎは井伊家中に広がっている。

「仇を討ってくださいませ!」
直親の妻・しの(貫地谷しほり)が叫んだ。

「怪我をしている者を襲うなど卑怯千万にございまする!」
孫一郎(平山祐介)が言った。

孫一郎「奥山家としては、小野を討つ所存にございます」

あらためて井伊家の家臣たちが一堂に会した。
井伊直親と、中野直由(筧利夫)、新野左馬助(苅谷俊介)、奥山孫一郎(平山祐介)だけだ。

左馬助が、なぜ政次は奥山殿(でんでん)を襲ったのかと尋ねた。
孫一郎「父は但馬の乗っ取りを疑っておりました。
諭しているうちに討たれたに違いありませぬ」
と、孫一郎が答える。

スポンサーリンク

直由が続ける。
中野直由「逃げたということが但馬が討ったという何よりの証しにござろう。小野は言わずと知れた獅子身中の虫。今川が倒れた今こそ、成敗のときにござる!」

そこに、小野の名代がやってきたという知らせが届いた。
現れたのは、直盛(杉本哲太)の没後出家し、尼僧・祐椿尼(ゆうちんに)となった千賀(財前直見)と、祐椿尼に付き添われて座っている、小野玄蕃の妻・なつ(山口紗弥加)だ。

その姿を見た、兄の孫一郎がいきり立った。
孫一郎「父上が殺されたのじゃぞ!
それを小野の名代とは…」

なつは目を伏せたまま語りだした。
なつ「事の起こりは、私が小野から戻りたくないと、わがままを申し上げたことにございます」

なつ「亡き殿は玄蕃様(井上芳雄)と私に、井伊の者たちをつなぐ懸け橋になってほしいと仰せでした。そのお役目を、玄蕃様亡きあとも継いでいきたいと思うております」

コメント

タイトルとURLをコピーしました