みんなの噂話

ドラマに関するあれこれ たまに世間の噂話

おんな城主直虎第8回のあらすじとネタバレ!「赤ちゃんはまだか」

      2017/11/10

[2/2ページ]

その夜、直親は龍潭寺を訪れた。
「しの殿はずっとあんな様子なのか?」
「もともと涙もろくはあったが、このところ浮き沈みは激しくてな」
直親はそう言うと、ため息をついた。

「側女を持とうかと思っている」
と直親が明かした。

子を残すのは当主の役目だというわかるが、今のしのに側室が受け入れられるだろうか。
次郎はとてもそうは思えなかった。
「お家のためじゃ」
直親の態度や口ぶりに、理由はわからないが引っ掛かるものを感じた。

スポンサーリンク

数日後、突然しのが姿を消した。
しのは書き置きを残していったのだという。
「次郎殿、お恨み申し上げます」
と書かれていた。

直親の側室の話が決まったからではないか、という。
次郎を恨んで死ぬつもりなのだろうか。
そのつもりなら、龍潭寺を選ぶのだろう。

すると、しのを見つけたと傑山(市原隼人)が知らせにきた。
一同が裏庭に向かうと、井戸端にしのがひざまずいている。
懐剣を首元に当てがっているではないか。

次郎はしのの手を掴み、懐剣が飛んで転がった。
「いい加減になされよ!
私はそなたにここまで恨まれるようなことは何もしておらぬ!」

「…私がおとわ様じゃったらと、誰もが思うておる。
…口には出さねど、殿もお方様も、屋敷の皆も…直親様も…」

次郎は懐剣を拾い、しのの前に放り投げた。
「そこまで言うなら、ご自害なされよ」
驚くしのに向かって、次郎は続けた。

「正室が亡くなり、誰もふさわしい者がおらぬとなれば、私の還俗も認めていただけるかもしれぬしの。
私がそなたの後釜になるゆえ、ほれ、早うお取りなされ」

スポンサーリンク

怒りをたぎらせたしのが懐剣を掴んだ。
すぐに傑山が羽交い締めにした。

「決してそなたを還俗などさせませぬ!」
しのが泣きわめいたそのとき、直親が姿を見せた。
取り乱したしのの姿を見て、直親はため息をついた。

これだ!そう思った次郎は
「ため息をつくな!」
と叫んだ。

「なぜいつも、さように他人事なのじゃ。
なぜもっと、ともに悲しんでやらぬのだ。
悩んでやらぬのだ!」

次郎は麝香を取り出し、直親に渡すと
「そなたの女房なのだから、そなたがなんとかせよ!」
怒りが鎮まらない次郎はその場を去った。

とはいえ、子が授かりさえすれば、しの殿は自分を取り戻すだろう。
次郎はそんな思いを抱いていた。

永禄3(1560)年5月。
今川義元から直盛のもとに、尾張への出陣の命が下った。

直盛率いる精鋭の井伊軍団を結成し、尾張に向けて出陣した。
留守を見守るのは直親や政次、左馬助、中野直由ら。

今川軍の総勢は2万5千。織田はわずか3千。
誰もが今川の勝利を疑わなかった戦が始まろうとしていた。

[次回] 第9回のあらすじとネタバレ!「桶狭間に死す」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2

カテゴリー:ドラマ - 大河ドラマ - おんな城主直虎
タグ: