みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎第6回のあらすじとネタバレ!「初恋の別れ道」

      2017/11/10

おんな城主直虎あらすじ第6話「初恋の別れ道」

2月12日放送のおんな城主 直虎
第6回「初恋の別れ道」の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

おんな城主 直虎 第6話「初恋の別れ道」あらすじ

井伊谷に戻ってきた亀之丞が最初に取り掛かったのは、「元服の儀」だった。
亀之丞は、元服は故郷でと考えていた。それを聞いた井伊家の人々は大いに喜んだ。

「本日より、井伊肥後守直親と名を改めるよう」

一同は感無量だったが、一人複雑な思いだったのは小野政次だった。
政次は、亡き父・政直の跡を継ぎ、家老となっていた。

幼なじみの帰還は嬉しいが、奥山朝利の娘との縁組みが破談になってしまう。
つまり、自分の子が井伊家の当主になるという未来がついえてしまうのだ。

スポンサーリンク


元服の儀式が終わり、宴が開かれた。
次郎との結婚を熱望している直親は、次郎の還俗はいつになるのかと直盛に尋ねた。

直盛が答えあぐねていると、政次が答えた。
「恐れながら、今川の太守様に直親様の帰参をお許し頂くのが先決かと存じます。
今川にとりましては、直親様は謀反人の子。まずはこちらをお許し願い、次郎様のことはその次かと」

直盛はその場で判断することは避けた。
左馬助を呼んで、駿府に向かって今川の様子を探るように命じた。

龍潭寺では、南渓と次郎が向き合って、言葉で与える課題「公案」の最中だった。
「昔な、超という国に道威という王がおり、中と伯という2人の大臣が仕えておった。ところが争いが起こっての。道威はどちらか1人を追い出さねばならぬようになったのじゃ」

道威は、中と伯に2つずつ饅頭を渡した。2人ともその場で1つ食べ、中は残り1つを腹をすかせた子供に与えた。伯はそれを大事に持ち歩き、いつしかカビさせてしまった。
「さて、道威はどちらに大臣を続けさせたかの?」

考えるまでもない、と次郎は即答した。
「やはり中ではないのですか?食べられぬようにしてしまっては、意味がありませぬ」

南渓は、にやにやと笑っている。
「違うのですか?」
「道威が選んだのは、饅頭をカビさせた伯だったのじゃ。さて、それは何ゆえじゃと思う」
南渓は饅頭を2つ、次郎の前に差し出した。

駿府から戻った左馬助は、直盛に報告に赴いた。
今川は尾張攻めの最中であり、何か事を願い出れば、代償に重い軍役を課されるだろう。

「亀之丞の帰参までは願い出るとしても、次郎の還俗となると、何を要求されるか分からんということでな。直親すまぬ。汲んでくれ」

「無理を申し、ご迷惑をおかけいたしました。おとわ様のことは二度と申しませぬ」
直親は直盛に向かって一礼した。

スポンサーリンク

元服して一層凛々しくなった直親を見て、次郎の心は乱れていた。
直親は満面の笑みでおとわに話し掛けた。
「還俗がかなわぬ話は聞いたか?」
おとわには笑顔の意味がわからない。

「ここはもう、死んで一緒になるしかないな」
ばかなことを申すな!と、おとわが返す。

「死ぬのはおとわだけだ。
一緒になれないのは、次郎が井伊家の惣領娘だからだ。死んだことにして名を変え、別人として生きればよい」

さらに直親は続けた。
「おとわと夫婦になり子を作るぞ。ほかに子がなければ、その子を跡継ぎにということになる。すべてうまく収まるではないか」
川名の隠れ里でかくまってもらえるよう、直平にも話を通してあるという。

ただ、そうなると両親には数年は黙っておくことになるだろう。
父母の悲嘆を思うとつらい。次郎は黙り込んでいる。

「おとわは悔しくないのか。10歳から寺に閉じ込められ、なぜ自分だけと思わぬのか?」
それは仕方ないだろうと答えた。
「しかたあるまい。そうやって何でも諦めて、一生くすぶったまま生きていくのか?」

次郎の心が乱れた。
いつしか、諦める癖がついていたのかもしれない。
一度きりの人生だ、一度だけ賭けてみよう。
直親をまっすぐ見つめて決心した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: