みんなの噂話

ドラマに関するあれこれ たまに世間の噂話

「インハンド」1話の感想&ネタバレ|山Pはいつもの演技、3人の掛け合いが魅力的

   

TBSドラマ インハンド

2019年4月期のTBS系金10ドラマ「インハンド」。

第1話(2019年4月12日放送分)を見た視聴者の感想をお届けします。

また、ネタバレを含むあらすじや、次回の見どころも紹介していきますよ。
 


「インハンド」第1話 あらすじ

寄生虫学者・紐倉 哲(山下智久)は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。

人嫌いでドSな変わり者だが、博識で天才的な頭脳を持つ男だ。

右手がロボットハンドの義手であるのも特徴である。
 

そんな紐倉のもとに、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴 (菜々緒)という美人官僚が訪れる。

サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。

科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件など様々な問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。
 

そんなサイエンス・メディカル対策室に、匿名の告発状が届いたという。

その内容は、ある病院で心筋梗塞により亡くなった複数の患者が、日本では滅多に見られないシャーガス病という感染症にかかっている可能性があるというもの。

シャーガス病の感染者がもし本当に国内にいたら、大変なことになる。

並みの医者や科学者では対応できないと考えたサイエンス・メディカル対策室は、牧野に寄生虫や未知の生物、病気にも詳しい紐倉のもとを訪ねるよう指令したのだ。
 

好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、牧野から出されたある交換条件に食いつき、力を貸すことに。紐倉と牧野は早速、感染が疑われる患者の処置をした医師・高家春馬(濱田 岳)に会いに行く。

高家の協力も得て調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上がってきて…。

引用:ドラマ公式サイト

 

「インハンド」第1話 感想とネタバレ

当サイト読者の方から寄せられた、
「インハンド」第1話の感想をご紹介します。

「インハンド」は、サイエンスミステリーというジャンルのドラマをだと聞いていましたが、難しくはなく楽しく視聴することができました。

寄生虫に美しいとかセクシーって呼びかけるシーンは、偏屈というか変態ですよね。
 

動物がたくさん出てくるところもこのドラマの大きな魅力だと思います。エンターテインメント性があり、楽しかったです。

そして、一話目のゲストの風間杜夫さん、その苦しみや悔しさが伝わってくるような演技でした。

大切な娘さんを失い、奥さんとも離婚してしまって、ずっと心に穴が空いてしまっていて、その孤独が癒やされることはなく、気持ちが復讐するということにしか向かなかったという風間杜夫さん演じる江里口の気持ちはわかるような気がしました。

匿名さん 30代女性

 

孤高の男っぽい紐倉が何だかんだ言いながらも協力してくれたり、パッと見て卑屈そうな高家が意外と熱血派で内部告発に踏み切るわ、真犯人に対して熱い説得をするわと、主人公たちの意外なキャラクターに楽しませてもらいました。

道中で揉めてはいましたが、終わってみればどちらも立派な善人ですね。
 

最後に河川敷のようなところに寝そべりながら、自分たちの無力感や、この世界や未来に対して自分は何をしていけるのかを語り合うシーンは良かったです。

まあ、その後また軽くケンカする辺りが面白かったですが(笑)

次回からは研究者と助手という形のコンビ体制になる二人ですが、第1話を見る限りでは上手くやっていけそうな二人だと思いました。

匿名さん 30代男性

 

全く接点のなかった3人が上手く絡みあうように持って行っているが、その持って行きかたが行きすぎていないところが良い。

山下智久演じる紐倉は変人で、普通の人とは違う角度で物事を考えるキャラクターになっているいるが、最終的には共感できるような考え方をしているように持って行っている。

3人の掛け合いの中にはコメディのような要素も入れつつ、巨大組織を悪とし、力の無いものがそれに立ち向かうジャイアントキリングのようなスカッとする要素も入っている。

笑いとシリアスで視聴者を楽しませようとしているのが分かる。
 

好感が持てる点としては、紐倉の義手が伏線として大きな役割を果たしていることだ。

タイトルがインハンドということで、この義手が何か大きな物語に繋がっていることを期待させる。

物語を成立させながら謎の部分を引っ張ることで最後まで視聴者を引きつけようとする工夫が見られる。

匿名さん 20代男性

 

娘を亡くした江里口が犯人だと分かった時になぜかとても悲しさと虚しさを感じたのです。

もし自分が同じ立場だったら、やはり同じことをすると思います。

復讐に走った結果、自らが研究して作り上げたトリパちゃんを使って殺人を犯すなんて…もし娘さんが生きていて、こんなことをしていたら、どう思うのか?復讐なんて誰も幸せにしないです。

復讐をする考えがあるのならば、人の助けになるようなことを研究すれば良かったんじゃないかなって私は思います。

匿名さん 30代女性

 

「インハンド」次回(第2話)の見どころ

紐倉がなぜ片手が義手なのかが少しずつ解明されていくことと思います。

高家との共同生活が始まるようですが、コミカルな展開が期待できます。

一人で暮らしていた高家が、どのような心境の変化が現れるのかも楽しみです。

匿名さん 50代女性

 

濱田岳さんと山下智久さんの関係性と環境の変化が見所ですね。

また、今度はどのような微生物が原因で病気になるのかも気になります。

山下智久さんは一回分のパスポートでどこへいくのかも気になります。

匿名さん 10代女性

 

「インハンド」これまでの視聴者の感想

当サイト読者の方から寄せられた「インハンド」放送後の感想を、こちらの記事で紹介しています。

  • 「インハンド」第1話の感想&ネタバレ
  •  

  • 「インハンド」第2話の感想&ネタバレ
  •  

  • 「インハンド」第3話の感想&ネタバレ
  •  

 

「インハンド」視聴率一覧表&グラフ推移
2019年4月期のTBS系金10ドラマ「インハンド」。 視聴率一覧表とグラフ推移を速報で更新します。 インハンド TBS 金曜22:00~ (初回15分拡大...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:ドラマ - 2019春ドラマ
タグ: