みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎第9回のあらすじとネタバレ!「桶狭間に死す」

      2017/03/08

おんな城主直虎あらすじ第9話「桶狭間に死す」

3月5日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第9回「桶狭間に死す」の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

おんな城主 直虎 第9話「桶狭間に死す」あらすじ

次郎(柴咲コウ)は龍潭寺の涸れ井戸にいた。
直盛(杉本哲太)たちの戦での活躍と無事を祈って手を合わせていた。

その直後、とんでもない知らせが井伊谷に届いた。

尾張の桶狭間で今川軍が大敗を喫した!
織田の奇襲で、義元公(春風亭昇太)も討ち死されたとのこと!


スポンサーリンク


井伊谷は恐怖に包まれた。
その日のうちに、負傷した兵が次々と戻ってきた。
次郎や昊天(小松和重)、傑山(市原隼人)は、重傷を負った者の手当てに当たった。

その中には、足を負傷した奥山朝利(でんでん)の姿もあった。
直親(三浦春馬)の正室・しの(貫地谷しほり)と、政次の弟・玄蕃(井上芳雄)に嫁いだなつ(山口紗弥加)の父親だ。

朝利「かようなことになってしもうて、面目ない…」
なつ「ようお戻りくださいました。…あの、父上、玄蕃様は…」
朝利「…見事な戦いぶりじゃった」

なつは顔を覆って、肩を震わせ泣いた。

次郎は政次(高橋一生)を目で追った。
仲のいい弟をなくした兄は、宙をじっと見つめていた。

うつむいている朝利に、次郎は声をかけた。
次郎「殿はそのとき…?」

朝利は、戦場で殿のお姿を見失ってしまったのだという。
どこかに落ち延びておられれば…と皆が身を案じていた。
 
 
その日の夕方、直盛が首だけになって帰館した。
 

スポンサーリンク

朝利の息子・孫一郎(平山祐介)がか細い声で経緯を語った。

織田の奇襲で劣勢が明らかになり、直盛や孫一郎たちはなんとか戦場から逃げ出した。
人気がない所で、直盛が孫一郎に言ったのだという。
「儂は腹を切る覚悟を決めた。儂の首を掲げ、お前は織田の兵のふりをして、戦場を抜けよ。」

敵に捕まれば、この首でも手柄にされる。どうせ死ぬなら井伊の役に立ちたい、ということだ。

誰かが、殿らしい最期で…
と言ったが、次郎の耳には届いていなかった。

井伊家の家臣のうち、15人が命を落とした。
龍潭寺では葬儀が執り行われた。

井伊家は多くの家臣を失い、体制の立て直しが急務だ。
家督は直親が継ぎ、政次を軸に立て直すと誰もが考えていた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2

タグ: