みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

大河ドラマ 真田丸 第23話『攻略』あらすじとネタバレ

      2017/11/10

sanadamaru-outlines_23

6月12日放送の真田丸 第23話『攻略』の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

あらすじ

北条攻めの采配は三成に任された。豊臣配下の家臣たちを集め、軍議を開いた。
総大将には近江中納言秀次、その後見に徳川家康を配した。

その上で、軍勢を大きく二手に分ける作戦を考えた。総大将が率いる本陣は、東海道を進み小田原城を目指す。もう一方は上杉景勝と前田利家が率いて、東山道から上野・武蔵を目指し、北条支配下の城をすべて落としていく作戦だ。
真田は、上野の地の利を生かすために上杉軍に加わることになった。

スポンサーリンク

天正18(1590)年4月。秀次率いる18万の大軍が小田原城の周囲をぐるりと取り囲んだ。
秀吉は箱根山にある早雲寺に本陣を構えた。

徳川の陣を訪れていた信繁を家康が見つけ、2人きりにさせた。すると家康は、殿下は自分のことをまだ信じてくれていないから、総大将に据えてはくれなかった、と言いだした。
家康の娘は北条氏直に嫁いでおり、秀吉が信じないのも無理はない。今回の徳川と北条の手切れによって、もうすぐ離縁することになっているから心配はご無用、そう殿下に伝えてくれと家康は言い残した。

秀吉は小田原に出兵している諸大名たちを自陣に呼び集めた。
そして、この戦の相手は北条だけではないと語り始めた。今もなお我らに臣従しようとしない伊達、陸奥や出羽の大名ども。やつらにこの強大な軍勢を見せつけ、ひれ伏せさせるのだと言う。あっさり小田原城を落としてしまっては意味がない、長戦を覚悟せよと命じた。そんな秀吉は余裕綽々の様子で、箱根山まで茶々も呼び寄せている。

秀吉は軍議を終えると、小田原中が見渡せる丘の上に家康を呼んだ。小田原城を見渡しながら、戦が無事に終わったら北条の領地をすべて家康に任せると言い出した。

家康は驚くと同時に喜んだが、すぐに秀吉は一言付け足した。
「関八州を与え、家康殿には江戸に移ってもらう。駿河・三河はもういらんだろ」
ススキ野原の江戸に異動を命じられた家康は、茫然と佇むしかなかった。

スポンサーリンク

小田原城は四方を大軍に囲まれている。氏直は、籠城から討って出て底力を見せるべきだと主張した。しかし氏政は、伊達の援軍が間もなく到着し、そうなれば形勢逆転するだろうと聞く耳を持たない。
氏直は毎日のように軍議を開き、籠城を続けるか討って出るか話し合いを続けているがなかなか結論が出ない。そんな中、氏政は蹴鞠に興じ、薄化粧をするようになっていた。

秀吉は利休を小田原に招いては茶を楽しみ、阿国の一座を呼んで踊りを堪能するなど浮かれている様子だ。茶々は信繁に声を掛けて、利休の陣に案内させると、数ある利休の自慢の品々の中から一本の扇を選んだ。

そのころ上杉の軍勢は、次々と北条の城を落として小田原城を目指していた。上野の松井田城を落としたあと、武蔵の忍城攻めは信幸に指揮を任された。しかし、その忍城に取り掛かって1ヶ月経ってもまだ攻めあぐねている。そんな知らせは小田原の三成のもとにも届いている。
「忍城ひとつにどれだけ手こずっておるのだ!」と三成はやきもきしているが、冷静な吉継は、机上の戦略どおりに攻め落とすのは難しいものだ、と言って三成を諭した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: