みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

陸王 10月スタート秋ドラマのあらすじや原作は?山﨑賢人や竹内涼真も出演!

      2017/11/10

陸王 ドラマ情報

TBSで10月から放送するドラマ「陸王」。
池井戸潤原作の中小企業再生ストーリーです。

さっそくキャストあらすじなどをチェックしていきましょう。
原作を読んでのレビューも掲載しているのでお楽しみに!


スポンサーリンク


「陸王」 ドラマ情報

あらすじ

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」は創業から100年の歴史をもつ老舗だが、近年は業績が低迷し資金繰りに悩んでいる。

そんなある日、四代目社長の宮沢紘一はこれまでの足袋製造の技術力を生かし、「裸足感覚」を取り入れたランニングシューズの開発を思いつき、社内にプロジェクトチームを立ち上げる。

会社の存続をかけて異業種に参入した「こはぜ屋」だったが、資金難、人材不足、大手スポーツメーカーの嫌がらせや思わぬトラブルなど様々な試練に直面する。宮沢たちは坂本や飯山の協力や有村や村野の助言を受けて、試行錯誤を続けながらランニングシューズの開発に邁進するのだった。

放送時間

TBS:日曜 21時~

キャスト

役所広司、山﨑賢人、竹内涼真、風間俊介、音尾琢真、馬場徹、桂雀々、志賀廣太郎、光石研、キムラ緑子、寺尾聰、ほか

脚本

八津弘幸

原作

池井戸潤 「陸王」(集英社)

主題歌

未定

予告動画

公式サイト

http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

原作を読んでの感想

原作を読んでみたので、簡単にレビューしますね。

物語の舞台は、足袋を作る老舗零細企業が奮闘する話。そう、もうお気付きの方もいるかと思いますが、大ヒットドラマ「下町ロケット」の続編にあたる作品です。

庶民にはまだ足袋が一般的だった時代、新商品であるランニングシューズを新規開発しようと奮闘します。
一方で、大企業からは吸収合併の話が舞い込み、嫌がらせや妨害を受けながらも必死に戦う零細企業の姿を丁寧に描いています。

物語としては定番で予想通りの展開ではありますが、ひと山もふた山も波乱があり、経営者と周囲の人の人間関係も丁寧に描かれています。
社会的弱者のハラハラ感を味わえる池井戸ワールドを存分に楽しむことができました。

下町ロケットを楽しめた方には、間違いなくオススメできるドラマになると思いますよ。

スポンサーリンク

ネットの反応


 

「陸王」視聴率の推移はこちら。
陸王 視聴率の推移をグラフで確認!零細企業(足袋メーカー)の再生ドラマ

 

あわせて読みたい

原作

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: