みんなの噂話

ドラマに関するあれこれ たまに世間の噂話

おんな城主直虎 第43話のあらすじとネタバレ!「恩賞の彼方に」

      2017/11/10

おんな城主直虎あらすじ第43話「恩賞の彼方に」

10月29日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎」
第43話「恩賞の彼方に」の詳細なあらすじです。

前回(第42話)はこちら。
おんな城主 直虎 第42話のあらすじ「長篠に立てる柵」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

おんな城主直虎 第43話「恩賞の彼方に」あらすじ

小姓として出仕した万千代と万福の初仕事は、戦の手柄あらための手伝いであった。

武家それぞれが戦でいかなる武功をあげたかをじかに申し立て、働きが認められれば新たな知行や恩賞を与えられる。徳川の直臣や味方した国衆がどっと押し寄せ、浜松城は大変な騒ぎとなった。

他の小姓たちとともに2人は来客の案内と控えの間での応対を命じられた。

廊下を早足で歩いていたとき、蛮声が轟いた。
「いつになれば中に入れるのじゃ!」

2人は顔を見合わせ、玄関へ急いだ。
思ったとおり正信がてんてこ舞いの大混乱に陥っていた。

「大事ないか、ノブ殿!」
「名を聞き、紙に記さねばならず、どうにも」

草履番が板につき、誰が何時に現れるかを推量するという特異な能力も発揮する正信だが、普段は登城しない者たちがこうも多く詰めかけたのでは、1人ではどうしようもない。

万千代は声を張り上げた。
「皆様、本日はご苦労さまにございます。お手数ではございますが、一つお手をお借りしとうございます!」

名を自分で書かせればよい。万千代は頭を下げつつ、一同に紙を渡して回った。何の事はない、元の草履番をやっているのだった。 

スポンサーリンク

井伊谷の山中では、異変が生じていた。
前夜に降った少量の雨で、山崩れが起こったのだ。

「木を切りすぎたためなのですかの」

同行する六左衛門が言った。
大雨が襲えば、何が起こるか知れたものではない。直虎は低く命じた。

直虎「次は山崩れが麓まで及ばぬとも限らぬ。危うそうな村には雨の折に注意するよう、呼びかけてくれ」

先手も打たねば。山崩れを防ぐに詳しい者は誰かいなかったか…。思いを巡らせながら、直虎は歩き出した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:ドラマ - 大河ドラマ - おんな城主直虎
タグ: