みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主 直虎 第12話のあらすじとネタバレ!「おんな城主 直虎」

      2017/11/10

おんな城主直虎あらすじ第12話「おんな城主 直虎」

3月26日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第12話「おんな城主 直虎」の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第12話「おんな城主 直虎」あらすじ

12月のある日、直親(三浦春馬)は家臣団を従えて、井伊谷を出立した。

次郎(柴咲コウ)は直親たちを見送りはせず、井戸端で黙々と水垢離(みずごり)を行なっていた。

次郎「ご初代様。どうかご加護を直親に。
井伊に、どうかご加護を」

真冬の冷たい水を何度も頭からかぶった。
全身の感覚が消えていくのがわかった。
井伊谷にしては珍しく雪の混じった寒い日だった。

そのとき、布を差し出す人影が見えた。
直親の幻影だと気付き、次郎はその場で崩れ落ちた。

直親の一行は、掛川城の近くで待ち伏せしていた今川の手の者たちに囲まれていた。
あっという間に、雪が血で染まった。

まさに父・直満(宇梶剛士)の死の再現であった。
直満より厳しいと言えるのかもしれない。
申し開きの機会も、切腹による死も許されず、問答無用に斬殺されたのだ。

子の直満、孫の直盛(杉本哲太)、娘の佐名(花總まり)、そして孫の直親を失った直平(前田吟)は、悲しみに暮れていた。
直平「これでは、なぶり殺しではないか!」

スポンサーリンク

次郎は朦朧としていた状態から目を覚ました。
井戸端で気を失い、三日三晩生死の境をさまよっていたのだと聞かされた。
自分が水垢離をやっていたことをようやく思い出した。

そのとき、昊天(小松和重)の声が聞こえた。
昊天「殿のお帰りじゃ!」

次郎は布団から這い出し、ふらふらと歩いた。
境内には孫一郎(平山祐介)や藤七郎(芹澤興人)たちが目を閉じ、横になっていた。
そこには直親の姿もあった。

次郎「亀…直親…?」

黒く乾いた血がこびりつき、顔は蝋のように白くなっている。
次郎は思わず手を伸ばした。
すると、その手はぱしりと払われた。

しの「触るでない。私の夫じゃ」
しの(貫地谷しほり)が目を真っ赤に充血させて立っている。

しの「そなたが殺したようなものではないか。
何もかも、そなたのせいではないか!
ようのこのこと面をさらしておれるの!」

なつ(山口紗弥加)「次郎様、姉は悲しみのあまり
正気をなくしております。
どうかお許しを…」

次郎「しの様のおっしゃるとおりじゃ」

次郎は背を向けると、そのまま退室した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: