みんなの噂話

ドラマに関するあれこれ たまに世間の噂話

モンテクリスト伯【動画】1話(初回)の見逃し動画を無料で視聴する方法(4月19日放送)

      2018/11/20

モンテ・クリスト伯 見逃し配信

2018年4月スタートの春ドラマ「モンテ・クリスト伯」。原作はフランス人作家・アレクサンドル・デュマの小説「モンテ・クリスト伯」、日本では「巌窟王」のタイトルで有名になった小説の実写ドラマ化作品ということで話題になっています。

4/19(木)放送の「モンテ・クリスト伯」第1話を見忘れて困っているあなた、諦めるのはまだ早いですよ!これから第1話の動画を見る方法はあるんです。オンエアを見逃したらネットで動画視聴がオススメです。

ネットで動画とはいっても、誰かが違法にアップしたYoutubeやPANDORAなどではないですよ。画質も著作権も保証された、正規のドラマ動画を視聴する方法をご紹介していきます。

「モンテ・クリスト伯」を見逃してもフル動画を見る2つの方法

スマホで動画視聴

  • 見逃し配信:期間限定ながら無料でフル動画
  • 動画配信サービス:有料ながら多くの作品のフル動画を長期間視聴可能

大きく分けて2つの方法があります。それぞれの特長をここからご紹介していきます。
 

オンエア後1週間以内の場合

最初にご紹介する動画配信は「見逃し配信」。

「モンテ・クリスト伯」を無料で視聴できるのは「TVer(ティーバー)」と「FOD」という動画配信サイトです。

動画配信サービス 配信期間
TVer 配信あり
4/19(木) 放送終了後まもなく ~ 4/26(木) 20:44
FOD 配信あり
4/19(木) 放送終了後まもなく ~ 4/26(木) 20:44

 
民放のテレビ番組の見逃し配信といえば、「TVer(ティーバー)」がおなじみですね。もちろん「モンテ・クリスト伯」もTVerで見ることができます。

TVerは、多くのドラマをネットで見逃し配信しています。ユーザー登録不要、すぐに見ることができるので非常に便利ですよ。

視聴可能期間に注意

配信期間が短いので注意が必要。ほとんどの作品がオンエア後1週間限定で視聴可能。

動画再生中にCMが強制的に割り込むのがちょっと気になりますが、無料ですからしょうがないですね。

見逃して1週間以内なら、TVerでサクッとチェックしちゃいましょう。

 
 

オンエア後1週間以上経過した場合

次にご紹介する動画視聴方法は「動画配信サービス」。

有料のサービスですが、無料おためし期間を利用して動画視聴できる動画配信サービスがこちら。

動画配信サービス 配信状況
(見放題/レンタル)
動画数 月額料金 付与ポイント
auビデオパス × 1万本以上 562円 540円相当
dTV 配信あり
(レンタル)
12万本以上 500円 5円相当~
FODプレミアム 配信あり
(見放題)
2万本以上 888円 1,300円相当
Hulu × 4万本以上 930円
(全て見放題)
U-NEXT × 11万本以上 1,990円 1,200円相当

 

編集部がおすすめする動画配信サービスは「FODプレミアム」です。
 

今すぐFODプレミアムで動画を見たいなら

 

「モンテ・クリスト伯」第1話 あらすじ

2003年春。小さな漁師町で漁業を営む柴門暖(ディーン・フジオカ)は同じ町で喫茶店『シンドバッド』を経営する目黒すみれ(山本美月)にプロポーズ。想いは受け入れられ、2人は結婚式に向けて幸せの絶頂にいた。

しかし、その矢先、暖の乗る遠洋漁船『海進丸』が遭難してしまう。暖の後輩、南条幸男(大倉忠義)は心配して『シンドバッド』へ。すみれは暖の帰還を信じ、努めて明るく振舞っている。

『海進丸』が所属する守尾漁業でも社長の守尾英一朗(木下ほうか)、船員だが今回の航海には怪我で出られなかった神楽清(新井浩文)たちが憔悴しながらも暖たちの無事を願う。

そんな守尾の事務所を漁協の組合長、遠藤勝也(仁科貴)が訪ねて来る。遠藤はもう2週間にも及ぶ遭難で捜索費がかさんでいることを守尾に告げた。守尾は船長のバラジ・イスワラン(ベヘナム)が優秀なので、みんな生きて帰ると譲らない。

だが、遠藤はバラジを不安に思っている。バラジはテロ組織のメンバーではないかと疑われていたからだ。それでも、守尾は船員たちを信じていた。

暖の実家では、母親の恵(風吹ジュン)が地上げ屋の寺角類(渋川清彦)と対峙していた。と、そこに『海進丸』帰港の連絡が入る。迎えに来たすみれと港に急ぐ恵。

船員たちが上陸する中、暖も怪我はしたが生還を果たす。亡くなったのは船長のバラジだけ。すると、バラジの遺体を調べる男たちが…刑事の入間公平(高橋克典)の姿もあった。

引用:ドラマ公式サイト

 

「モンテ・クリスト伯」第1話 感想

当サイト読者の方から寄せられた、「モンテ・クリスト伯」第1話の感想をご紹介します。

30代女性

プロポーズが成功し、これから楽しい毎日が始まると思っていたところに起こる事件。

最初の遭難事故だけでも、大きな出来事なのに、無実の罪をかぶせられ、逮捕されるだけでなく、ひどい拷問を受け続けるシーンは、見ていてとても痛々しかったです。

日本で逮捕されたはずなのに、暖が外国に送還されるというあるまじき設定。さらに、度重なる拷問。

その拷問シーンも、日本のドラマではこれまで見たことがないほど、外国ドラマに見られる拷問シーンに近いものでした。

最後、なぜ脱獄できたのか不思議ですが、脱獄してからどのような毎日を過ごすことになるのか、暖を貶めた警察や、組織の人物、妻のすみれ、すみれに恋心を寄せる幸雄の今後が気になる終わり方でした。

40代女性

外国人による拷問のシーンが痛々しくてリアルでした。言葉もわからない上に、ネズミが徘徊するような劣悪な環境で8年間もよく生きてたなと。

床下からぼろぼろの男が出てきたときに、暖の死んだ目が一瞬光ったような気がしました。

そもそも暖を貶めた人間は入間だけではないところに、本当の怖さがあると思います。少しづつ加担した人間の醜さは、自己嫌悪に陥って自分自身を滅ぼさないのか興味が湧きます。

暖がいい男過ぎたのが罪なのでしょうか。悪気はなくても、人を傷つけたり恨みを買ってしまうことはあるので、やっぱり目立ち過ぎは良くないなと思ってしまう。

暖を信じて、必死に嘆願書を集めるすみれも気の毒で可哀そう。最悪の結婚式で、ブライダルのCM見ただけで思い出すトラウマだと思います。暖の復讐劇がドラマの核だと思うけど、すみれには幸せになってほしいなあと思う。

20代女性

まず思ったのが、登場人物がみんなイケメンということです。主人公の彼女もイケメンで仕事もできる彼にプロポーズされ、とても幸せだったと思います。

それなのに結婚式当日に逮捕されてしまうなんて悲しすぎます。しかも、彼は何も悪くないのに。仕事でも出世して可愛い奥様をもらった彼をよく思ってないといっても、テロリストの仲間だと警察にリークするのはやりすぎですね。

外国の刑務所で拷問を受ける姿は本当にリアルで痛々しかったです。

冤罪をきせられた主人公を何年も待ち続けた家族と奥様の気持ちを思うと胸が締め付けられる思いです。

終盤では監獄の床から人が出てきたときは、奥様がここまで来たのかと思いましたが、流石に違いましたね。

脱獄してどう復讐していくのか楽しみです。

30代女性

かなり面白かった。柴門暖役のディーン・フジオカさんの演技はさすがだと思う。

目黒すみれ役の山本美月さんとの初々しい感じもよかったし、海辺でのキスシーンもドキドキしてしまった。

あと周りの共演者さんも豪華なメンバーで、南条幸男役の大倉忠義さんもすみれが好きなのに言えない側にいるだけっていうもどかしい感じと暖に嫉妬している感じがすごくよくわかっていい。

あと上司の神楽清役の新井浩文さんも暖の事を慕ってる感じだけど暖が居なくなれば自分が船長になれたのに慣れなかった悔しさがよく分かる。

みんながみんなそれぞれ暖を落とし入れようと企んでいるのがよくわかって、話が解りやすくて見やすいドラマになっている。

これから復讐が始まりそうだけどどんな風にやるのか楽しみだ。

50代女性

第1話から、クセのある人物が数多く登場する上、物語の展開も比較的早かったです。

しかし、どの人物も人物像が単純で、遭難やテロといった難解な部分の描写も極シンプルだったため、ややごちゃ混ぜ感はあるものの、すんなりと理解しやすい内容になっていました。

主人公の周囲には、結婚を約束した美しい恋人・すみれ(山本美月)、地上げ屋に狙われる足が不自由な母(風吹ジュン)、船長になりたかったのに船長の座を暖に奪われた漁師仲間(新井浩文)、役者志望で密かにすみれに恋心を抱く友人(大倉忠義)といった面々がいて、彼らと主人公とのつながりも丁寧に描かれていました。

特に男性陣には、少なからず主人公を妬んだり、陥れたくなる理由をもっているシーンがあり、今後の展開への伏線になっていると思います。

次回以降、主人公がどうやって獄中の過酷な状況から脱出し復讐を遂げていくのか、といった点が楽しみです。

50代女性

第一話としては、そこそこであったけど、やっぱりいまひとつパンチが足りない。

映像や役者さんは主役を除いて、相当高いレベルで面白いけれども、現代にあってスパイ容疑で逮捕するには、あまりにも安易な設定で、ちょっとチープすぎる。

結婚式で逮捕するのも、ある意味お約束(卒業)すぎて、お腹いっぱいのシーン。ディーンと組み合わせれば、喜ぶでしょうみたいな…

そんなことするなら、海外映画のように一家惨殺(妊娠中のすみれ&母親惨殺、会社に放火)のほうが手っ取り早かったんじゃないだろうか。

ディーンを一家惨殺の犯人として捏造、逮捕した挙句に、ラデルに送ってたら、もすこしパンチが効いた気がする。

挿入歌の「愛は勝つ」は、あまりにも予定調和すぎて、いただけない。チープすぎる。

 

「モンテ・クリスト伯」再放送はあるの?

ドラマ「モンテ・クリスト伯」の再放送はいつ?と気になるところですが、今のところ放送日程は決まっていません。

再放送日時が判明したら、こちらで更新してお知らせします。
 

おまけ

YoutubeやPANDORAなど一般の人が投稿した違法動画を視聴するのはNGですよ。

ネット配信以外の方法でドラマを視聴するには…
DVDの発売まで地道に待つか、テレビの再放送を期待して待ちましょう。
 

まとめ

「モンテ・クリスト伯」のオンエアを見逃してしまったら、ネットで視聴できます。

見逃して1週間以内なら…

→ TVerでサクッと視聴(4/26配信終了予定)

1週間以上過ぎてしまったら

→ フジテレビ作品が充実しているFODプレミアムで快適に視聴!


 

「モンテ・クリスト伯」視聴率一覧 & グラフ推移
2018年4~6月期の春ドラマ「モンテ・クリスト伯」。原作はフランス人作家アレクサンドル・デュマの小説「モンテ・クリスト伯」、日本では「巌窟王」のタイトルで有名になった小説...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:ドラマ - 2018春ドラマ
タグ: