みんなの噂話

ドラマに関するあれこれ たまに世間の噂話

義母と娘のブルース 最終回視聴率19.2% 平均14%超えは今季断トツ1位!

   

ドラマ「義母と娘のブルース」

2018年7月期のドラマ「義母と娘のブルース」。

9/18(火)に放送された最終回の

  • 視聴率
  • あらすじ(ネタバレ含む)

をご紹介します。

義母と娘のブルース
TBS 火曜22:00~

原作:桜沢鈴 「義母と娘のブルース」

脚本:森下佳子

キャスト:綾瀬はるか、竹野内 豊、佐藤健、上白石萌歌、横溝菜帆、川村陽介、橋本真実、真凛、村本大輔 (ウーマンラッシュアワー)、奥山佳恵、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未、ほか

主題歌:MISIA 「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」



最終回のあらすじ(ネタバレ)

当サイト読者の方が、独自の視点であらすじを描いてくださいました。

視聴者それぞれの角度からドラマを見ているのがおもしろいですね。

麦田章は宮本亜希子に告白したが断られていた。

みゆきの第1志望、明法大の試験の日、亜希子は良一の元上司笠原と会う。

紹介して貰った仕事に乗り気だったが、大阪勤務が条件でみゆきを思い断る。

亜希子は突然倒れてしまい病院に運ばれるが、原因は働き過ぎの過労だった。

みゆきは病室で会社の資料を見つけ亜希子へのスカウト話を知る。

みゆきは大学に合格するがヒロキにも亜希子にも「落ちた」と嘘を付く。

しかし家には合格通知が届き亜希子はみゆきの嘘を知る。

亜希子は自分のために気遣っているみゆきに悔しさを感じてしまう。

みゆきは「全部落ちた」と話し出し「ベーカリー麦田」で働きたいと言い出す。

亜希子とみゆきは本音で話し合い始めた。

亜希子は自分の生い立ちから話し始め、これまでの気持ちの寂しさを埋めるため良一の提案に乗ったことも話すが、亜希子の話すみゆきへの想いは愛に溢れていた。

家を売り払い、それぞれの場所へ旅立つ2人だった。

匿名さん 40代女性

 

麦田の告白は、亜希子の「良一さんを忘れられない」という想いから失敗に終わった。

そんな亜希子に、良一の上司だった笠原から引き抜きの話が。しかし勤務地は大阪……。

みゆきと一緒にいたい亜希子はそれを辞退するが、その場で過労によって倒れてしまう。

諸々の事態を知ったみゆきは大学受験でわざと手を抜いて不合格を連発。

それは亜希子の大阪行きを応援するための画策だったのだが、最初に受かっていた志望校からの合格通知の郵送によって計画は失敗に。

みゆきと亜希子は真剣に話し合い、愛や奇跡に満ち溢れたこの十年間を振り返り、そしてお互いに自立する事を決意。

みゆきは大学に通いながら麦田ベーカリーでアルバイト、亜希子は大坂でキャリアウーマンとして復帰する事に。

義母と娘はお互いの新たな旅立ちを笑顔で祝福しあった。

匿名さん 30代男性

 

亜希子は心に亡くなった良一がいて満たされていると話し麦田はフラレる。

麦田はみゆきに両親の始まりは契約だったものの、2人に愛はあったと話す。

亜希子は笠原部長よりコンサルタント業の誘い話がくるものの勤務先が大阪なので断り席を経とうとすると倒れ、病院で過労とわかる。

みゆきは付き添っていた笠原から亜希子の誘い話を聞き、大学を落ちて麦田で働き、亜希子を大阪へ行かせると考えるが志望校の合格通知でみゆきの嘘がバレてしまう。

亜希子も両親を亡くしていて懸命に勉強をして就職、あらゆる事をこなし出世したが心に穴が空き、そこへ現れた片親の良一にみゆきが気を使う姿に亜希子自身を重ね、亜希子が欲しかったものをみゆきに上げていたと話すが、みゆきはそれを愛だと言いみゆきも同じ思いでやりたい事をしてと告げる。

麦田は亜希子をクビ、亜希子は退職届と気が合う。

暮らした部屋を引き払い、みゆきと亜希子はそれぞれ新たな生活に旅立つ。

匿名さん 30代男性

 

義母こと亜希子は、夫・良一のことが忘れられないという理由で、麦田店長のプロポーズを断ってしまう。

パン屋の雰囲気がぎこちなくなる中、みゆきの受験が始まり、亜希子の方は良一のもと上司・笠原から大阪赴任の就職口を紹介される。

みゆきは亜希子を大阪に行かせるために第一志望大学を不合格と偽り、残りの受験校は遊んで過ごすが、合格通知が来たことで亜希子には気づかれてしまう。

亜希子はみゆきの他人行儀な行いに傷つくが、みゆきの「お母さんから時間を取り上げたくない」という本音を受けて、亜希子自身のエゴイズムについて話し出す。

泣き出したみゆきは「それが愛」だと逆に亜希子を説得する。

亜希子は大阪に就職し、みゆきは麦田ベーカリーで働くことになる。

匿名さん 40代女性


 

最終回の視聴率

「義母と娘のブルース」最終回の視聴率は
19.2%でした。

義母と娘のブルース 最終回視聴率

シーズン最高視聴率を更新!
これまでの最高視聴率は17.3%(第9話)でした。
 

第1話~最終回までの視聴率一覧&グラフ推移は
こちらの記事で確認できます。

オンエア翌日の10時前後に速報更新しているので、
定期的にチェックしてみてください。
「義母と娘のブルース」視聴率一覧表&グラフ推移
 

今シーズン全ドラマで視聴率1位!

第1話~最新話の平均視聴率では
今シーズンの全ドラマで最高視聴率はほぼ確定でしょう。

義母と娘のブルース 全ドラマ視聴率1位

今シーズン全ドラマの視聴率一覧とランキングは
こちらの記事で確認できます。
2018年夏ドラマ 視聴率一覧表&グラフ推移
 

「逃げ恥超え」ならず

最終回まで右肩上がりが続いたドラマとしては「逃げるは恥だが役に立つ」が有名です。

グラフを見てみると、ほぼ同じ角度で推移していることがわかりますね。

最高視聴率、平均視聴率ともに「逃げ恥超え」をすることはできませんでした。

とはいえ、「義母と娘のブルース」も11話まで放送していたら、逆転していた可能性もありそうですね。

「逃げるは恥だが役に立つ」視聴率

2016年秋ドラマ(10~12月)

キャスト:新垣結衣、星野源、大谷亮平、石田ゆり子、ほか

最高視聴率:20.8%(最終回)
最低視聴率:10.2%(第1話)
平均視聴率:14.5%

「逃げ恥」視聴率一覧&グラフ推移

「義母と娘のブルース」のオンエアを見逃したら?

ドラマ「義母と娘のブルース」を見逃しても、
今から視聴する方法はあるはず!

こちらの記事で、再放送やネット配信の
最新情報をご紹介しています。
「義母と娘のブルース」見逃したオンエアのフル動画を無料で視聴する方法
 

視聴者の感想

当サイト読者の方から寄せられた、「義母と娘のブルース」最終回の感想はこちら。

皆さんの見る角度によって、色んな感想が出てくるのが面白いですよ。

「義母と娘のブルース」最終回の感想

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:ドラマ - 2018夏ドラマ
タグ: