みんなの噂話

ドラマに関するあれこれ たまに世間の噂話

趣里(しゅり)女優としての魅力とは?評判/評価を出演作から振り返る

      2018/12/24

趣里

相葉雅紀主演の深夜ドラマ「僕とシッポと神楽坂」がテレビ朝日系で2018年10月から放送開始されています。

第1話から出演している可愛らしい芸者さんがいますね。役名は「すず芽」、趣里という女優さんです。
 

相葉雅紀演じる“コオ先生”こと高円寺達也の幼なじみで、ずっと片想いしている役柄です。第1話では達也のお母さんのところに三味線を習いに行く口実で、達也の寝室にまで入り込んだり、豪華お弁当で積極的にアプローチしたりしています。

コケティッシュな顔立ちが人形のような女優さん、趣里のプロフィールや出演作を探っていきましょう!


趣里のプロフィール

趣里しゅり

本名:水谷趣里
生年月日:1990年9月21日
身長:158cm
血液型:O型
趣味:バレエ、映画鑑賞
好きなもの:かき氷、夜更かし
所属:トップコート


 

「僕とシッポと神楽坂」撮影中に28歳の誕生日が来たということで、現場でお祝いしてもらったそうです。でもとてもそんな年齢には見えませんよね。

小さいころからバレエを頑張っていて、高校時代はバレエ留学もしましたが、足を故障してしまい、プロとして続けるのは断念しました。

演じることは好きだったので、女優に転向したそうです。激スリムの体型は、バレエ由来のものだったんですね。

 

実は二世芸能人

本名から推察できますが…。
父は水谷豊、母は伊藤蘭(元キャンディーズ)です!

水谷豊が2時間サスペンスにひっぱりダコの頃に趣里は生まれ、「相棒」に出ているのを見て育ったのですね。
 


 


 


 

芸名から「水谷」を外したのは、親の七光りと言われるのを避けたからでしょう。

実際、事務所も親とは別ですね。共演作品もないですし「二世」で得をしたことはないようです。

テレビ本格登場が、オーディション合格からの「3年B組金八先生」出演ということからも、近道をしない、堅実な態度が分かります。
 


 

趣里の最近の出演作

朝ドラ「とと姉ちゃん」

有能な新人編集者・寿美子役で出演しました。

結婚して退職してしまう役です。


 

リバース

三浦貴大演じる隆明の妻、香織役。

二世タレント同士ということより、エキセントリックな演技が話題になりました。


 

トットちゃん

シャープさんというあだ名の、NHK時代のトットちゃんのライバル役で出演しました。

上昇志向の高いセリフとヒロインに対する圧が、まるで趣里自身の本音のようでした。


 


 

ブラックペアン

主演・二宮和也演じる渡海の片腕ともいえる看護師役・猫田を演じました。

規則を破り、脅しも辞さず、簡単にソファで寝てしまう、女版渡海のような役柄です。まさに名前のとおり、猫のようにツンデレのつかみどころのないミステリアスな演技でした。


 


 

趣里の魅力とは?

着物姿が似合う

「僕とシッポと神楽坂」の芸者役は着物姿が色っぽく、キレ長の目によく似合っていますよね。

撮影には三味線などのお稽古をして臨んだということですが、他に着物役の出演はどうなのでしょう。

山本周五郎人情時代劇

BSの時代劇枠にヒロインとして二度出演しています。

 
「初蕾」では身分違いの恋で生まれた子供に乳母として使える元遊女役。
武士の魂/第二話「晩秋」では父の敵の面倒を見るうちに憎しみよりも尊敬を覚える役。

どちらも“はまり役”といってもいい位、趣里ならではの力強さと心情表現が出ていました。趣里にとって学ぶところの多い現場だったようで、その後のインタビューで「監督を筆として、私はずっと絵の具になりたい」と語っています。

 

こんな女優と比較してみた

二世女優といえば、朝ドラ「まんぷく」でヒロイン福子役の安藤サクラが今、旬ですね。「万引き家族」の受賞ニュースもあり、今年活躍した女優としてはトップに位置しています。

趣里同様、両親ともに芸能人として著名な人ですが、バツグンの演技力と映画での受賞経歴で、七光りとは言わせない立場を獲得しています。

是非、趣里にも続いてほしいところですね。

安藤サクラの演技力評価は?ブスでも演技がうまいと絶賛される5つの理由
2018年後半のNHK連続テレビ小説「まんぷく」。 高視聴率でスタートし、視聴者人気も上々なようです。 そんな「まんぷく」の主役・今井福子を演じるのは安藤サクラ。そ...

 

まとめ

いかがでしたか?意外といっては失礼ですが、趣里は芸能界のサラブレットでしたね。

しかし親の七光りを利用しているようには全く見えない女優さんです。

実は今秋、趣里の主演映画が放映されます。「生きているだけで、愛。」という本谷有希子原作小説の映画化で、ちょっと変わった恋愛物語です。

趣里は躁鬱をわずらい、なかなか自立できない女性を演じます。そして相手役は菅田将暉とのこと。

嵐のニノと相葉くんからの、菅田将暉。全国の女性陣からやきもちを焼かれること間違いなしの状況です。

そんな趣里の活躍から、今後も目が離せません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:芸能 - 芸能人 - ドラマ - 2018秋ドラマ
タグ: