みんなの噂話

ドラマに関するあれこれ たまに世間の噂話

本田翼の演技力評価は?【うまい/ヘタ】棒読み・大根?カワイイは鉄板の高評価!

   

ラジエーションハウス_本田翼

4月スタートの月9ドラマ「ラジエーションハウス」。ヒロイン役で本田翼が出演しますね。

2018年秋シーズンの「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」に続いての月9ヒロイン役です。
 

ただちょっと心配なことに、本田翼はネットの意見では演技評価がものすごく割れているってご存知でしたか?

それでは気になる本田翼の演技力評価を、上手い派・下手派に分けて、見ていきましょう!
 

本田翼のプロフィール

本名 本田 翼ほんだ つばさ
生年月日 1992年6月27日(26歳)
出身地 東京都
血液型 B型
身長 166cm
事務所 スターダストプロモーション

 

「ばっさー」こと本田翼は、モデル出身なんですよね。

雑誌「SEVENTEEN」や「non-no」の専属モデルを務めながら、すぐにCMの出演を増やします。
 

TVドラマ出演は2011年以降。

映画と合わせて、結構な数のヒロイン役を重ねているのですが…。

どちらかというと「演技下手」との意見が勝っている、本田翼なのでした。


 

本田翼の演技、下手派

本田翼の演技は大根!


 

“大根”の評価は、女優としての演技を全否定している、ということですよね。

「かわいいけれど大根」、「大根に失礼なレベル」という痛烈な意見が多く飛び交っています。

CM出演からドラマまで5年、演技の研鑽を積むには短かったということでしょうか。
 

「だってモデルだから」とは、もはや言えないレベルまで女優として出演作を増やしている割には、最近になっても「大根」の評価が消えない本田翼。

ココだけ切り取ると、ドラマ「ラジエーションハウス」が心配になってきてしまいます。
 

わざとらしい


 

本田翼のわざとらしさが嫌い、という意見です。

確かにモデル経験の影響か、演技に意味深な間を持たせるようなクセがあるようにも思えます。
 

特に酷評されているのは、2015年の月9ドラマ、「恋仲」のヒロイン・芹沢あかり役ですね。

高校時代と大人になってからの両方、男子2人の同級生の間で揺れ動く役柄でした。

相手役の福士蒼汰や野村周平の人気が高かったため、評価には嫉妬も混じっている様子ですが、それにしても演技評価は低いんですよね。

「恋仲」から約4年が経過していますから、演技力も成長していると考えたいですね。
 

棒読みがひどい


 

やはり、ドラマ「恋仲」の時期くらいを中心に、棒読みの評価が集まる本田翼です。

「セリフを覚えずに現場入りすることがある」などという黒いウワサも飛んでいた時期があったんですよね。
 

最近では少なくなったのかと思いきや…今度はゲーム実況の配信に手を広げ、やはりセリフまわしに不平が出ています。

思うに、声のトーンが低めなのも、声の表情がないと思われがちな理由かもしれませんね。


 

本田翼の演技、上手い派

応援

では、一方の演技がうまいと感じている人の評価を見ていきましょう。
 

表情がいい!


 

本田翼の表情をほめる評価はとても多いです。

さすが、モデルとして人気を獲得しただけある!と思います。
 

「モデル顔なだけ」、「CMの15秒しかもたない」などと言われていた段階を乗り越え、ドラマでの表情の演技評価も上がってきていますね。

素直な表情や、切なげな表情をほめる意見が多いですね。

ドラマ内のムードメーカーという感じです。
 

素で自然な感じがいい!


 

2016年のドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」あたりから、本田翼の演技や雰囲気づくりに「自然」とほめる声が増えていますね。
 

また2019年1月の「ゆうべはお楽しみでしたね」での岡山天音とのW主演も、かなり自然な演技の好感度がアップする要因になっています。

ネイリストでオシャレな女子ながら、実は男性キャラでドラクエを楽しむ、おかもとみやこを演じました。

ツンデレな性格プラス、部屋着にメガネという自然体のふんわりした感じの“素”を演じたみやこ役は、本田翼にとって大当たりだったんですね。
 

本田翼主演ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」視聴率一覧表&グラフ推移
2019年1月期のTBS系火曜深夜ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」。 視聴率一覧表とグラフ推移を速報で更新します。 ゆうべはお楽しみでしたね TBS 火曜 ...
 

演技が上手くなった!


 

「演技が上手くなってきた」との声は、徐々に増えてきているようです。

特に盛り上がってきたのは、2018年。

月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の小田切唯役、テレビ東京のスペシャルドラマ「手紙」の白石由実子役は、本田翼にとって評価を上げるいいきっかけになりました。
 

こうしてみると、恋愛べったりの役柄よりは、シリアスなドラマ作品や影のあるヒロイン役が、本田翼には向いている、ということでしょうか。

特に「絶対零度」の小田切唯は、女刑事として会社や厨房、施設などに潜入する「演技をしている役」だったわけです。

なかなかのカメレオン刑事ぶりとアクションシーンに、演技の評価も上がってきたのですね。
 

本田翼出演ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」視聴率一覧表&グラフ推移
2018年7月スタートの月9ドラマ「絶対零度 シーズン3」の歴代シーズンの視聴率一覧とグラフ推移です。   主演は沢村一樹、刑事たちが事件の内部に潜入して捜査する大...


 

まとめ

本田翼の赤裸々な演技力評価を見てきました。

酷評が多い一方で、「上手くなってきた」と成長を認める声や、最近はハマリ役も多くあるという意見も聞かれる本田翼。

演技以前の「カワイイ」という評価は不動のもので、人気が高いからこそ、じっくりと見守られているわけですね。

本田翼本人にとっても新境地の女医役を演じる、月9ドラマ「ラジエーションハウス」での活躍が楽しみになってきました!
 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:ドラマ - 2019春ドラマ - 芸能 - 芸能人
タグ: