みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

大河ドラマ 真田丸 第17話『再会』あらすじとネタバレ

      2017/03/07

sanadamaru-outlines_17

5月1日放送の真田丸 第17話『再会』の簡潔なあらすじとネタバレです。

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

あらすじ

信繁を気に入った豊臣秀吉は、馬廻衆(豊臣秀吉の護衛役)に加わるよう命じる。
これより信繁は豊臣秀吉と共に行動するようになるが、豊臣秀吉がお気に入りの茶々が信繁を気に入ってしまい、信繁は対応に苦慮することになる。

徳川家康は再び真田の上田城を攻めるための準備を始めていた。その動きは信尹の働きによって昌幸の元にも届き、真田家も戦の準備を始める。昌幸は第一次上田合戦と同じく上杉家に援軍を求めるが、断られてしまう。真田家は周囲に味方がいなくなり絶体絶命の危機を迎える。

信繁は、秀吉が呼び寄せた出雲出身の巫女・出雲阿国の踊りを見る機会を与えられ、秀吉のすぐ傍で見ることを許される。阿国の一座の中に信繁の亡き姉・松によく似た女性を見つけた信繁は、後日その人物を見つけ出し、本人に問いただすが、人違いではないかとあしらわれる。

スポンサーリンク

徳川家康が許可を求めていた『真田攻め』を豊臣秀吉は許可する。
(史実でも、豊臣秀吉は上杉景勝に対して真田の支援を禁じ、徳川家康の家臣・水野忠重に真田討伐を許可する書状を送っている)
ところが、徳川が上田に向けて出陣しようとする直前に、秀吉から戦を中止せよという知らせが届く。家康はこれに激怒する。

秀吉は、家康を上洛させるために、妹・旭(朝日姫)を徳川家康の正室として嫁がせているものの、それでもなかなか上洛しようとしない家康に業を煮やし、秀吉の母親を上洛の期間だけ徳川に人質に出すことを決断する。この秀吉からの最大限の圧力により、家康はついに上洛を余儀なくされる。

秀吉は実は気の小さい男だ。家康が上洛し、家臣団の前でうまくやり込めることができるか、心配でならない。秀吉は思案し、家康と面識のある信繁を使うことを思いつく。面会する前日に、信繁の仲介で家康の滞在先へ極秘で向かった。家康は、秀吉が突然目の前に現れたことに驚き、何がなんだかわからない。秀吉は翌日の段取りを家康に説明し、自らに臣従すること、陣羽織を貰い受けたいことを芝居するように頭を下げてお願いする。家康は快く承諾し、二人はかたく手を握り合った。

(続き:第18話)

まとめ

サブタイトルの『再会』は、信繁と松、信繁と家康、秀吉と家康、いくつもの再会がありました。

真田丸の関連記事はこちらから。
大河ドラマ『真田丸』 関連記事まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: