みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

大河ドラマ 真田丸 第16話『表裏』あらすじ

      2016/06/21

sanadamaru-outlines_16

4月24日放送の真田丸 第16話『表裏』の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

あらすじ

信繁は秀吉の覚えがめでたく、何かにつけて呼び出されるようになった。

そんなある日、景勝が突然、越後に戻った。信繁には、取り残された理由が分からない。
「わしが、今度徳川と真田が戦になったとき、真田に味方するのはやめろと言ったからでは」
秀吉が言い、ニヤニヤして信繁を見ている。

スポンサーリンク

茫然とする信繁に、三成が命じた。
「今日よりそなたを、殿下の馬廻衆に加える」
信繁は突如、秀吉の家来となった。

馬廻衆の筆頭は平野長泰で、信繁が採用されたのは、茶々に色目を使っていた権三が井戸に落ちて亡くなったからだという。長泰が声を潜めた。
「でもな、本当は殺されたんだ」
手を下したのは秀吉の子飼いの武将・加藤清正で、秀吉の勘気に触れて権三は消されたらしい。

茶々には近寄らないほうがいい、という長泰の警告を、信繁は肝に銘じた。

信繁は、早速、大広間で開かれている秀吉のための展示会に駆り出された。展示会には屏風、珊瑚、着物、装飾品など、利休が堺の商人たちにえりすぐらせた品々がずらりと並んでいる。

スポンサーリンク

秀吉は帯の棚で足を止め、秀次に目利きをさせて2本の帯を選んだ。そのうちの1本を手に、秀吉は妻・寧の部屋に向かった。
「どうじゃ、立派な帯であろう」
「殿下からの頂き物です。大事にしまっておきなさい」
寧に手渡され、恭しく受け取った侍女を見て信繁が動転した。きりだった。びわの籠を届けたのをきっかけに、寧に仕えることになったという。そればかりか、いつの間にか秀次と親しげになっていた。

秀吉には、寧の機嫌をとりたい理由があった。まもなく九州攻めが始まる。秀吉に従った大名は、その妻子を人質として大坂に送ることになる。寧にその世話を引き受けてもらわなくてはならない。
「お前しかおらん」と大役を寧に押しつけると、秀吉はさっと部屋を出ていった。

「どうじゃ、立派な帯だろう」
秀吉が差し出した帯を、茶々はうれしそうに受け取ると、部屋の隅に控えている信繁のところまで見せに来た。
「すてきでしょ」
信繁はにっこりと笑み、秀吉の不興を買いはしないかとちらっと目をやった。秀吉は、幸せそうに茶々を眺めていた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: