みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

大河ドラマ 真田丸 第21話『戦端』あらすじとネタバレ

   

真田丸あらすじ第21話「戦端」

5月29日放送の真田丸 第21話『戦端』の詳細なあらすじです。

ネタバレ注意!

あらすじ

なかなか上洛しない北条に、秀吉は苛立っていた。
三成に同意を求めるも、今はまだ力を養う時と言って反対した。家康も戦は避けたそうな様子だ。北条と伊達を倒してしまえば、有力な大名は残っておらず、天下統一を成し遂げられると秀吉は踏んでいる。
「お捨のためにも、日の本から早く戦をなくしたいのじゃ」

[関連記事]
真田丸 人たらしの秀吉はドス黒い殿下?小日向文世が語る役作り

三成は信繁を呼び、殿下が最近利休のところへ行かなかったかと尋ねた。信繁は、三成の勘の鋭さに驚いた。信繁は数日前、秀吉に随行して利休の茶室を訪れていた。信繁が表で控えていると、北条攻めをするか否かを相談する秀吉の声が漏れ聞こえてきた。
「北条を潰しなはれ」
利休は、大きな波に乗っている今が絶好の機会だと秀吉をけしかけた。

[関連記事]
真田丸 目を合わせない不快キャラ?石田三成は実は熱い男!山本耕史が語る役作り

スポンサーリンク

聚楽第には、家康が出向いて滞在している。家康に従っていた阿茶局は、寧や茶々と他愛もない会話を交わしながら、二人の間の力関係などに探りを入れて家康に報告した。その報告を聞いた本多正信は、お世継ぎが誕生したことであちこちに火種がくすぶってきたと言ってニヤリと笑った。火種というのは、これまで秀吉の跡継ぎと言われてきた秀次だ。

[関連記事]
真田丸 「お潰しになったらいかがですか」斉藤由貴が語る阿茶局の役作り
真田丸 家康の参謀・本多正信は名軍師!近藤正臣が語る役作りとは

秀次は、きりと庭で話しながら風車を作っている。
「お捨が生まれて、私ががっかりしていると皆は思っているようだが、まったくそんなことはない。私は殿下の跡継ぎの器ではないことぐらい分かっておる。お捨が生まれてむしろ胸をなで下ろしておる」
そんな秀次の言葉に、きりは驚いた。

[関連記事]
真田丸 おバカキャラな秀次は女好き?新納慎也が語る役作りの秘密
真田丸 きりはウザいだけのキャラ?長澤まさみが語る役作りの秘密

信幸はもやもやした日々を送っている。稲がなかなか心を開いてくれないからだ。娘を溺愛する忠勝が、頻繁に遠路はるばる様子を見に来る上に、父娘の絆が深いので信幸が入る余地がない。
一方、病気がちだったこうは、とりや薫の世話役をするうちに元気を取り戻してきた。

[関連記事]
真田丸 大泉洋がまじめキャラ?本人が語る真田信幸の役作りの秘密
真田丸 本多忠勝の娘・小松姫は逞しい良妻賢母?吉田羊が語る役作り
真田丸 地震を鎮める本多忠勝は家康の守護神?藤岡弘が語る役作りの秘密

スポンサーリンク

家康は、駿河と相模の国境近くにある寺で、氏政とひそかに面会した。家康は、いつまでも秀吉の臣下でいるつもりは毛頭ないが、今は秀吉に従って上洛をすることを勧めた。氏政が、なぜ今は秀吉の配下に入っているのか尋ねた。今、戦を起こしても勝ち目はないからだと答えた。天下統一目前の秀吉は、氏政の予想をはるかに上回る力を蓄えていると家康は力説した。

「長いものには巻かれよは、決して卑怯者の方便ではござらぬ。生き延びるための知恵と心得られませ」
敵味方の関係を長年繰り返してきた戦仲間として、家康は本心から勧告した。しかし氏政は、いずれ秀吉を倒すと言って、強気の姿勢を崩さなかった。

[関連記事]
真田丸 小心者な徳川家康の設定とは?内野聖陽が語るビビリの役作り

氏政は小田原城に戻ると、氏直と江雪斎を呼び寄せ、秀吉と駆け引きをすると切り出した。沼田は北条のものであるにも関わらず、いまだに真田がのさばっている。沼田を取り戻し、それと引き換えに上洛すると条件を出して、秀吉の出方を探るのだと言う。

[関連記事]
真田丸 北条氏政の汁かけ飯と狂気に満ちた怪演が絶賛!高嶋政伸が語る役作り

氏政が提案した条件に秀吉は機嫌を悪くしたが、三成はすぐに次の手を考えた。殿下の采配で真田から沼田を取り上げ、北条に渡す。それなら「天下惣無事」にもかなっていると言った。「天下惣無事」とは秀吉が掲げた布令で、大名同士の勝手な争いを禁じるものだ。秀吉は、それでは真田が納得しないだろうと思案したが、三成には考えがあると進言した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: