みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

真田丸 北条氏直はヤンキー&バカ息子キャラ?細田善彦が語る役作り

   

hojoujinao

出典:www.alpha-agency.com

北条氏政の嫡男ながらダメ息子キャラとして描かれている北条氏直。そのキャラ設定から”ヤンキー”と呼ばれてしまっています。

ここでは、演じる細田善彦さんがインタビューで語った役作りのポイントをご紹介します。

北条氏直とは?

小田原北条家5代目当主。母の黄梅院は武田信玄の娘で、氏直は信玄の孫にあたる。織田信長の没後、徳川家康と対立するが和睦し、家康の娘・督姫を妻に迎える。

しかし、真田昌幸の支城だった名胡桃城を氏直の家臣が奪取するという事件が発生。豊臣秀吉が発した惣無事令に違反するとして小田原城を包囲攻撃され、敗れて高野山に追放された。

スポンサーリンク

細田善彦が語る役作りのポイント

北条氏直は由緒ある北条家の後継者です。とにかく自分の家がいちばんだと思っていますので、真田氏はもちろんのこと、上杉氏や徳川氏といったほかの武将のことなど興味もなかったと思うんですよね。

先日に撮影したシーンでは、ひざまずく武将たちに氏直として高圧的な態度をとって睨みをきかせるようにと監督から言われていたのですが、昌幸を演じるのが草刈さん、出浦が寺島さん、室賀が西村さんで、その圧迫感たるやものすごいものでした(笑)。リハーサルでは諸先輩方を虫けらのように見るという難題をふっかけられて冷や汗をかきましたが、なんとか本番はうまくいったのではないかなと思います。

hosodayoshihiko

出典:www.alpha-agency.com

そんな氏直は、父の氏政に認められること、そして家を大きくすることに邁進していって、周りの者たちを排除しようとします。世間知らずのうえ怖いもの知らずで、いちばん近くで見ていた氏政の戦法を模倣するのですが、氏直はその父がしなかったことをあえて実行しようとするんですよね。しかし交渉や戦の回数では圧倒的に氏政に負けていて、修羅場もくぐったことがないため、出す駒がなく、相談する相手もいないんです。そういうジレンマに苦しみながら父のあとを追っていくうちに、まっすぐに進んでいたはずが滅びの道へと迷いこんでしまっていたんです。これは、もはや皮肉としか言いようがないですよね。

クランクインの前には北条氏ゆかりの小田原を訪ねて、氏直のお墓参りや、町の散策などをしました。その際におみやげ店をのぞいたら、早雲や氏康グッズはあるのに、氏直のグッズがなかったんです。戦国時代を舞台としたゲームでも、氏直は弱い武将だと位置づけられているそうです。僕が『真田丸』で氏直として強烈な印象を残せば、彼の見方も変わるかもしれません。そんな淡い期待をいだきつつ、まっすぐに氏直を演じたいと思います。

ネットの反応


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: