みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第34話のあらすじとネタバレ!「隠し港の龍雲丸」

      2017/08/26

おんな城主直虎あらすじ第34話「隠し港の龍雲丸」

8月27日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎
第34話「隠し港の龍雲丸」の詳細なあらすじです。

前回(第33話)はこちら。
おんな城主 直虎 第33話のあらすじ「嫌われ政次の一生」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

おんな城主直虎 第34話「隠し港の龍雲丸」あらすじ

南渓は、近藤と面会するために井伊の館に出向いていた。しばらくして龍潭寺に戻ってきたが、その表情は厳しい。

昊天「近藤殿はいかがでございましたか」
南渓「これ以上の仕置きはないという話じゃ。まだ油断はできぬがの。次郎は、大事ないか」

雨の中で一晩中読経をしていた直虎は、南渓の部屋で碁を打っているところだという。
南渓が行ってみると、部屋の前の廊下で直之傑山が直虎の様子をうかがっていた。

南渓「政次を偲んでおるのか…」

青白い顔で黙々と碁を打っている。
そんな直虎が哀れで、南渓は声を掛けることをためらった。

昊天と直之は隠し里へ向かい、皆の前で事の顛末を話した。

なつ「義兄も本望でございましたでしょう…」

なつは半ば覚悟はしていたが、まだ十ばかりの亥之助にとっては、処刑された伯父の死は受け入れがたいことだろう。
突然立ち上がると、亥之助は外に走り出ていった。
なつが追いかけようとしたが、高瀬が止めに入った。

高瀬「なつ様、私が」

そう言うと、亥之助を追いかけた。

スポンサーリンク

祐椿尼「あの…あの子はどのような様子ですか」
昊天「ずっとお一人で碁を打たれております。次郎はよく但馬と碁を打ちながら、事を進めておりましたゆえ」

なつが泣きながら頷いた。
祐椿尼は娘を案じる母の顔になって言った。

祐椿尼「あの子をこちらに一度引き取ることはできませぬか。今、寺におっては、あの子はつらいことばかり思い返してしまうのではないですか…」
 

直虎は部屋に籠もったまま、取り憑かれたかのように碁を打ち続けている。

昊天「次郎、隠し里へ行きませぬか?祐椿様も戻ってこいと仰せですし」
南渓「行ってきてはどうじゃ。皆もそなたと話したくもあろうし」

しかし、直虎は碁盤から目を離さない。
直虎「いえ。今宵あたり、但馬が来るかもしれませぬ」

南渓「次郎……ん?」
直虎「近藤殿が、どうも井伊へのたくらみを持っておるようなのです。但馬が来たら、どうやって処するか話をせねばなりませぬゆえ」

南渓と昊天は、顔を見合わせ絶句した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3 4 5

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: