みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第33話のあらすじとネタバレ!「嫌われ政次の一生」

      2017/08/19

おんな城主直虎あらすじ第33話「嫌われ政次の一生」

8月20日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎
第33話「嫌われ政次の一生」の詳細なあらすじです。

前回(第32話)はこちら。
おんな城主 直虎 第32話のあらすじ「復活の火」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

おんな城主直虎 第33話「嫌われ政次の一生」あらすじ

近藤の軍が城内になだれ込もうとする寸前、ギリギリのところで井伊谷城の門は閉じられた。

近藤「尼殿、これはいかなることにございますか。手向かいはせぬとのお約束では!」
直虎「井伊の者ではない!」
忠次「とにかく、門を開けられよ」

それ以上抵抗することもできず、開門させた。
幸い、城内には政次の姿はなかった。
話し合いをすべく、陣で忠次、近藤と向かい合った。

直虎「お約束どおり、井伊は城を明け渡しました。つきましては、井伊領を安堵し、家名を再興させていただきたく存じます」
近藤「手向かいをせぬことと引き換えに、であろう! 矢を射かけておきながら何を」
直虎「井伊はやっておりませぬ」
忠次「…但馬守とやらがやったのではないか?今川の犬だという話ではないか」

忠次は、直虎を試しているのだろうか。

直虎「但馬が井伊家を乗っ取ったというのは今川への見せかけ。その話もお伝えしておったかと存じます」
忠次「そこも含め、騙されておったのではないかの?」
直虎「ならばなおさら、あのような折に戦を仕掛けるなど愚かなことはいたしませんでしょう。城を明け渡し、一服盛るほうがよほどたやすい。但馬ではございませぬ!」

忠次は、ふむ…と頷いた。
近藤は、相変わらずしつこく噛み付いてくる。
直虎は不退転の覚悟で、家康への取り次ぎを申し出た。

そこへ、早馬が駆けてきた。
「申し上げます! 武田より使者が参りました」

しばらくして、家康と数正、忠勝が陣に入ってきた。
菅沼「実は、われらの兵がにわかに襲われまして」

家康がピクリと反応した。

スポンサーリンク

数正「井伊が襲ったと申すのか」
近藤「井伊というよりは小野の者ではないかと言うておるのですが、井伊殿は一行に認めず、但馬も逃してしまう始末で…」

恨みを晴らさんと、近藤は言い放った。
近藤「徳川に弓を引くとは言語道断。井伊殿に罪がないなら、小野但馬には罪を償ってもらわねば示しがつきませぬ」
家康「…ご苦労でござった。あとはこちらでいたそう」

家康はそう言うと目付の3人を退出させ、徳川の者だけを残して意見を訊いた。

家康「この騒ぎ、あの者たちが謀ったということはないか。どうにもうさんくさい」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3 4 5 6

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: