みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第32話のあらすじとネタバレ!「復活の火」

      2017/08/13

おんな城主直虎あらすじ第32話「復活の火」

8月13日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎
第32話「復活の火」の詳細なあらすじです。

前回(第31話)はこちら。
おんな城主 直虎 第31話のあらすじ「虎松の首」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク

おんな城主直虎 第32話「復活の火」あらすじ

今川と武田の緊張状態は続き、いつ開戦してもおかしくない状態になっていた。

岡崎城の徳川家康(阿部サダヲ)は、武田から届いた書状を受け、重臣たちを集めて軍議を開いていた。
あと10日で、武田が駿府に攻め入るというのである。

家康「こちらもそれに合わせ遠江入りし、その後、早々に掛川を落とせと」
本多忠勝「掛川? 掛川でございますか!?」

年若の本多忠勝が思わず声を上げた。
家康の右腕である石川数正(石川織央)も、「遠江の東の端ではないですか!」と驚いた。

家康「武田にしてみれば、駿府に近い要所を落とし、今川を挟み撃ちにしたいというところなのであろうの」
忠勝「相変わらず、勝手なお方にござるのぅ」
家康「数正、調略のほうは今どうなっておる」
数正「引間は常慶が入っておりますが、なかなか…。匂坂城、あとは井伊には話がついてございますが」

忠勝が遠江の絵図を見ながら、湖岸沿いの戦略を練っている。

数正「大沢、浜名、この辺りは難しいと思われますが、気賀は芽があるのではないかと。酒井様が調略に向かっておられるはずですが」

そんな話をしている最中、「酒井様が戻られました!」と家人が知らせてきた。
戻りが早すぎるのを怪しんでいると、酒井忠次が倒れ込むように入ってきた。

家康「忠次! 何があったのじゃ!」
忠次「お、襲われましてございます!」

気賀に向かっているところで、いきなり鉄砲で襲われたのだという。

忠次「恐らくは大沢か浜名、湖岸の国衆ではないかと。湖の周りは今もって今川への忠義があついようで、どうにもやっかいにございます」

スポンサーリンク

家康は絵図を見ながら言った。
家康「陣座峠から井伊谷、これが最も軍勢を進めやすいのではないか」

陣座峠からは遠州がよく見渡せる。さらに井伊は内通してあるので問題ない。
すると、忠次が思わぬことを言い出した。

忠次「井伊はどうも今川に取り潰されたとの知らせにございます」
家康「取り潰された!?」

家康にとっても予想外の事態だ。
夜になって、瀬名(菜々緒)にそのことを伝えた。すると、瀬名の顔から色がなくなっていった。

瀬名「それで今、井伊は、井伊はどうなっておるのですか!?」
家康「今川方の目付家老であった小野但馬守という者が乗っ取り、後継ぎの首も取られたらしい。先代を陥れた張本人じゃそうじゃ」
瀬名「…存じております。その者は、母を今川への人質に差し出した小野の息子にございます!」

幸薄かった亡き母を思うと、恨み骨髄に徹する思いだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3 4 5 6

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: