みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第29話のあらすじとネタバレ!「女たちの挽歌」

      2017/07/23

おんな城主直虎あらすじ第29話「女たちの挽歌」

7月23日放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎
第29話「女たちの挽歌」の詳細なあらすじです。

前回(第28話)はこちら。
おんな城主 直虎 第28話のあらすじ「死の帳面」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主直虎 第29話「女たちの挽歌」あらすじ

戦をここでとどめるというお考えはないか。例えば御家が、上杉家と結ぶなどして──。

直虎(柴咲コウ)家康(阿部サダヲ)宛てに書状を書き、傑山(市原隼人)に託した。

傑山が持ち帰った返答には
「すぐには返事できぬが、考えてみる」
という内容が書かれていた。

三河から戻った傑山の顔は、確信に満ちていた。
ところがその後、三河からの音信は滞ってしまった。

政次(高橋一生)が、駿府からの知らせを直虎に届けた。
政次「大方様がみまかられたそうだ」

直虎は絶句した。
この混乱のさなかに亡くなるとは…。
尼御台や女戦国大名と呼ばれた寿桂尼(浅丘ルリ子)との思い出をたどりながら、直虎は経を読んだ。

 
数日後、徳川家に出入りしている山伏の松下常慶が、龍潭寺を訪ねてきた。
常慶「お返事が遅くなり申し訳ございませぬ。三河ももめておりまして」

スポンサーリンク

常慶「徳川様はその進言を認め、上杉と誼を通じるべく、密書まで送らせました。しかし、同じ頃、武田からも話が来たのでございます」

話とは、こういう内容のものだった。
武田と徳川が同時に今川領に攻め込んで、一気に攻め落とすのだという。
そして、大井川から西は徳川、東は武田で切り取ろうという。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3 4

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: