みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第27話のあらすじとネタバレ!「気賀を我が手に」

      2017/07/09

おんな城主直虎あらすじ第27話「気賀を我が手に」

7月9日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第27話「気賀を我が手に」の詳細なあらすじです。

前回(第26話)はこちら。
おんな城主 直虎 第26話のあらすじ「誰がために城はある」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主直虎 第27話「気賀を我が手に」あらすじ

気賀の商人を引き連れた中村屋(本田博太郎)が、直虎(柴咲コウ)に訴え出た。

中村屋「気賀を、大沢様に代わって、井伊様にお預かりいただくわけにはまいりませぬか」

直虎はあっけにとられた表情で見やっている。
さらに中村屋は続けた。

中村屋「あのあと、皆で話し合ったのですが、どう考えても、井伊様にお引き受けいただくほうが話が早く、確かなのではないかと」
直虎「しかし、それは今川の命ゆえ…」
中村屋「私どももできることは何でもいたしますゆえ。どうか気賀をお助けいただけぬでしょうか」

直虎が躊躇していると、方久(ムロツヨシ)が横から「やりましょう」と身を乗り出した。
方久「申し合わせたかのような巡り合わせ。これはもう天命にございましょう!」
 

この話は一旦保留にし、直虎は政次(高橋一生)に相談を持ちかけた。

政次「殿が思いとどまられるとはお珍しいですな」
碁を打ちながら政次が言った。

政次「しかし、戦をせずに気賀が取れるならば、こんなにうまい話もございませぬな」
直虎「但馬はこの話、乗ったほうがよいと思うのか」
政次「浜名の湖へとつながる水運を考えると、やる値打ちはあると思います。あとは、殿のお心一つかと」

気賀の民には何かと世話になっていることもあり、自信はないものの、直虎には報いてやりたいという気持ちが強かった。
しばらく考え抜いた結果、直虎は引き受けることに決めた。

スポンサーリンク

方久「大事のうございますよ。私が思うに、さほど難しいことではございませぬゆえ」
方久はあっけらかんとしている。

直虎「一体どのような策を考えておるのじゃ」
方久「関口様に口添えいただけるよう頼もうと思います」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

タグ: