みんなの噂話

ネットや巷で噂の話を見てみよう

おんな城主直虎 第25話のあらすじとネタバレ!「材木を抱いて飛べ」

      2017/06/22

おんな城主直虎あらすじ第25話「材木を抱いて飛べ」

6月25日放送の大河ドラマ おんな城主 直虎
第25話「材木を抱いて飛べ」の詳細なあらすじです。

前回(第24話)はこちら。
おんな城主 直虎 第24話のあらすじ「さよならだけが人生か?」

ネタバレ注意!

スポンサーリンク


おんな城主 直虎 第25話「材木を抱いて飛べ」あらすじ

方久(ムロツヨシ)が井伊谷に来てから着手していた綿布の商いは好調だ。井伊家の借金も一部は返済することができている。
一方で、井伊の山から切り出した材木の買い手を、方久が見つけてきた。

方久「近頃、気賀に移ってきた成川屋と申しまして。なんでも寺の普請用に集めていた木材を火事で失うてしまい、その代わりが欲しいとのことです」
直虎「急ぎ話をまとめてくれ。できるだけ高く売ってくるのじゃぞ、銭の犬の名にかけてな!」

領民の子どもたちを駆り出して、伐採した材木に「井」の焼印を押す作業をやらせている。
その材木は、直虎(柴咲コウ)と方久が同行して、気賀の中村屋まで運ばれた。

その中村屋で、直虎は意外なことを耳にした。
龍雲丸(柳楽優弥)たちが「龍雲党」という名乗り旗を掲げ、よろず請負をやっているというのだ。

龍雲丸が雇っているのは元罪人や荷担ぎ、船乗り、牢人や坊主崩れといった流れ者だ。龍雲党はそんな男たちを取りまとめ、寝床と食い扶持を与え、それぞれに適した仕事を与えているのだという。
中村屋「今や、気賀の裏のまとめ役にございますよ。うちもちょくちょく人手を頼んだりしております」

直虎たちが居館に戻ると、政次(高橋一生)が待っていた。

政次「今川が気賀に城を築くという話が出ています」
直虎「気賀に城? 何ゆえじゃ」
政次「塩止めをきっかけに駿府から気賀に商人が流れまして、それを取り締まるためのようです」
直虎「しかし、気賀は商人みずからが町を取り仕切るために、今川に銭を納めておるわけであろう。さような道理の通らぬ話、町衆は認めはしまい」
政次「認めぬと言うたところで、今川に力に訴えられれば受け入れるしかありますまい」

スポンサーリンク

その直後、政次は駿府を訪れ、数日後に帰館した。
駿府から戻った政次は、今川家重臣の関口を引き連れて、思わぬことを言い出した。

政次「太守様からのお下知を伝えに参った」
関口から書状を受け取ると、政次が読み上げる。

政次「井伊に、三河と内通したる謀反の疑い、これあり。ついては、駿府に申し開きに参るように」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2 3

カテゴリー:芸能 - ドラマ
タグ: